第19回日本通所ケア研究大会(合同開催)第15回認知症ケア研修会in福山

実技分科会

実技分科会A

生活行為向上・認知機能の賦活・活動と参加の視点と提供の工夫

浅野有子

浅野 有子

デイサービス太陽と鳩たち 管理者
作業療法士/主任介護支援専門員

認知症の方への個別機能訓練
「認知症短期集中リハ」「個別リハ」「認知症の方の生活行為向上」の視点から

【開催日時】2021年11月20日(土)10:00~11:45 【参加方法】会場参加(期間限定の録画視聴可)/オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

デイの個別リハ・個別機能訓練において、認知症の方の認知遂行機能の強化は重要な課題です。認知機能の強化練習に限らず、生活行為向上・活動と参加の促進・支援的、相互理解的コミュニティの醸成は今後のキーポイントになります。だからこそ、個別の機能や興味に応じたプログラムを準備するには機能評価が重要です。本分科会では生活機能向上・認知症予防特化型のデイサービスとして試みを進めてきたデイサービス太陽と鳩たちの特徴的なプログラム、現場で簡単にできる認知機能評価を紹介し皆様と様々な情報を共有していきます。

【当日の講演ポイント】

・認知機能の実際的評価方法
・認知症者のアセスメント (ICF版・OT協会版)
・認知遂行機能の具体的な賦活、強化
・認知症者の生活行為向上支援、連携
・デイ、デイケアの今後の方向性へ向けて ほか

【参加のポイント】

認知症予防プログラムを強化し、地域へのアピールをして、選ばれるデイとして展開することを目指してきました。デイケア用には認知症短期集中リハビリのプログラムの例もお示しします。

【メッセージ】

生活機能向上・認知症予防特化型のデイサービスとして試みを進めてきた経過や特徴的なプログラムを皆様と共有し、意見交換したいと思います。

参加申し込みをする

実技分科会B

自分たちが支えていきたい人たちをどう支えるか

廣田恭祐

廣田 恭佑

株式会社PLAST 代表取締役
理学療法士

リハビリ専門職が考える本当に必要な予防の方法とその発想法

【開催日時】2021年11月20日(土)13:00~14:45 【参加方法】会場参加(期間限定の録画視聴可)/オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

介護サービスの重要なキーワードに予防があります。リハビリモンスターは予防の専門で要支援・総合事業対象者のみ6回転のデイサービスです。その運営を行う中で必要な機能訓練をご紹介します。また理学療法士の視点から私が考える予防に必要な思考や発想をお伝え致します。

【当日の講演ポイント】

・予防とは何をさすのか
・予防について何を考えばよいか
・良い目標設定とは
・提供者の思考を柔軟にする
・効果的な運動方法について ほか

【メッセージ】

利用者さんが主体的に動く仕組みを考えてみましょう!

参加申し込みをする

実技分科会C

車いすシーティングのコツ

波野優貴

波野 優貴

SOMPOケア株式会社
教育研修部カスタムメイドケア
運営課チームリーダー/理学療法士

あの姿勢なんとかしてくれ!!デイでのシーティング
シーティングにおける問題を解決するために

【開催日時】2021年11月20日(土)15:15~17:15 【参加方法】会場参加(期間限定の録画視聴可)/オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

介護場面でのシーティング、なぜ問題がおきるのか。シーティングを改善することでどのような効果を生み出すことができるのか。本分科会では、車いすシーティングに関して基本的な部分の説明から、デイなどの通所施設においてできる対応などに関してもお伝えするとともに、介護保険サービス内における車いすシーティングのよくある課題と対応方法、姿勢の見方、車いすとのフィッティングなどすぐに現場で実践できるワークショップ形式でお伝えいたします。

【当日の講演ポイント】

・車いすによって起こる姿勢の特徴
・車いすによって起こる姿勢への対応方法
・介護保険サービス内における車いすシーティングの実践方法
・車いすシーティングの評価
・明日から試せる車いすシーティングの実践 ほか

【参加のポイント】

デイサービス、デイケアにおける車いすシーティングにおいて、すぐに実践や観察ができる車いすシーティングの基本的な知識をお伝えをいたします。また、利用者にかかわる時間が決まっているデイだからこそ必要な情報収集の内容、連携の仕方などもお伝えできればと思っています。

【メッセージ】

車いすシーティングに関して、日々どのようなことに困られているか、その生活への影響を中心に考えてみていただくと、解決の糸口が見えるかもしれません。セミナー参加の前にそのあたりを整理しておいていただくと、より理解を深めやすく、明日から使える知識になると思います。

【インタビュー動画の様子】

参加申し込みをする

実技分科会D

「正しい運動学習」の指導と「評価方法」を身につける

生野達也

生野 達也

動きのコツ研究所リハビリセンター
代表/理学療法士

デイのリハ職・機能訓練指導員に役立つ一つ上をいくリハビリ技術

【開催日時】2021年11月21日(日)10:00~12:00 【参加方法】会場参加(期間限定の録画視聴可)/オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

今後、介護報酬が「成果型」へと変わっていく中で、デイのリハビリサービスにも変化が求められています。「維持するためのリハビリ」から「成果をあげるためのリハビリ」にするためには、今までと同じリハビリ方法では限界があります。この分科会では「生活期のご利用者がラクに動ける」ようになるためのリハビリ方法をお伝えいたします。受講した翌日から「利用者さんへの指導の仕方」「集団体操の中身」が変わることをお約束いたします。

【当日の講演ポイント】

・成果がでないリハビリの特徴
・リハビリに役立つ脳科学
・動きにくさの原因を調べるコツ
・ラクに動けるためのリハビリ方法
・翌日からデイで使えるコツ ほか

【メッセージ】

今後、介護報酬が「成果型」へと変わっていく中で、デイのリハビリサービスにも変化が求められています。「維持するためのリハビリ」から「成果をあげるためのリハビリ」にするためには、今までと同じリハビリ方法では限界があります。今回、「生活期の利用者さんがラクに動ける」ようになるためのリハビリ方法を伝えます。受講した翌日から「利用者さんへの指導の仕方」「集団体操の中身」が変わることを約束します。利用者さんから「ラクに動けるようになった笑顔」をもらいたい方はぜひ、ご参加ください。

【無料イントロダクションセミナーの様子】

参加申し込みをする

実技分科会E

利用者の主体性を引き出すプログラムの工夫

末永啓

末永 啓

ありがとう脳疾患リハビリデイサービス
管理者/介護福祉士

鈴木加奈

鈴木 加奈

ありがとうデイサービス
管理者/介護福祉士

生活機能向上につながるプログラムの実践事例20連発

【開催日時】2021年11月21日(日)10:00~12:00 【参加方法】会場参加(期間限定の録画視聴可)/オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

デイで取り組むプログラムは生活機能を向上させるための手段であり、「心身機能」を高めるトレーニングに偏らず「心身機能」「活動」「参加」の全てにバランスよくアプローチすることが求められています。また効果を高めていくためには、利用者と関わる全ての職員が「効果を高める」という視点で関わることが必要です。本分科会では、実際にありがとうグループのデイが取り組んでいる生活機能向上のためのプログラムを紹介しながら一部を体験していただきます。

【当日の講演ポイント】

・リハビリ専門職の1対1の個別訓練と介護職の1対1の個別訓練
・指導の工夫(デイで実践している内容を自宅でも行えるように)
・個別訓練の例(パーソナルプラン)
・グルーピングのコツとポイント
・満足度を高める工夫=機能訓練の効果向上につながる!
・認知症の方の自信を取り戻す!活動の工夫
・生活機能向上の工夫(環境設定、プログラムの工夫)
・見当識の維持向上プログラム例
・記憶、記銘力の維持向上プログラム例
・認識力の維持向上プログラム例
・評価方法の工夫
・ADL、IADLトレーニングの際に活用できる自作グッズ
・自宅での役割につながるための取り組み ほか

参加申し込みをする

実技分科会F

介護はクリエイティブなプロの仕事です

野田和美

野田 和美

NPO法人日本介護福祉教育研修機構
認定講師/理学療法士

プロの介護職になるためのADL・IADL場面別介護技術のチェックと工夫

【開催日時】2021年11月21日(日)13:15~15:00 【参加方法】会場参加(期間限定の録画視聴可)/オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

介護職はケアの専門家としてどのような介護状態であっても、充実してその人らしく暮らす工夫、方法を専門的知識・技術を持ってご利用者・家族、地域に対して助言、指導を行っていかなければ、日常生活の営みを支援することはできません。本分科会ではご利用者の残存能力を生かす介助法の伝達方法、「顔の見える関係の構築」など理解と協力を得るための多職種連携の方法を実践事例からお伝えいたします。

【当日の講演ポイント】

・「なぜ○○なのか」という理由の予測
・一つひとつ動作、活動を検証
・原因に対するアプローチができてこそプロ
・支援の先につながる
・「あなたにしかできない」これがプロとしての目標 ほか

参加申し込みをする

実技分科会G

口腔ケア・口腔トレーニングの課題を共有

城野香也子

城野 香也子

NPO法人日本介護福祉教育研修機構
認定講師/言語聴覚士

呼吸・口腔・発声・嚥下機能の維持向上を目的としたBOSSトレーニング

【開催日時】2021年11月21日(日)13:15~15:00 【参加方法】会場参加(期間限定の録画視聴可)/オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

呼吸、口腔、顔面、嚥下、発声に分けてそれぞれのトレーニングを集中的に実施し、口腔機能全般を維持・改善することでフレイル予防につながる実践を体験していただきます。合わせて、参加者の方から事前に質問を募集し、質問項目を参加者全員で共有し解決に向けたトレーニング・ケアを提案いたします。

【当日の講演ポイント】

・BOSSとは
・呼吸機能の評価と目的と訓練
・口腔顔面機能の評価と目的と訓練
・発声機能の評価と目的と訓練
・嚥下機能の評価と目的と訓練 ほか

参加申し込みをする

ページトップ ▲