第18回日本通所ケア研究大会(合同開催)第15回認知症ケア研修会in福山

実技

2020年12月4日(金)ライブ配信

実技

面白い!やる気も出る!工夫すると効果も出せ、評価に使える!

石田 竜生

石田 竜生 氏

日本介護エンターテイメント協会
代表/作業療法士

利用者増につながる新しいトレーニング

【ライブ配信】2020年12月4日(金)20:15~22:15/【見逃し・振り返り視聴期間】ライブ配信終了後より1ヵ月間 【この講座のみ受講の場合】3,000円(税・手元資料代込み)

現場実践で大切なことは、「楽しくしなきゃ」という考えをすてること、そして「新しいものを生み出す」ということが仕事ではないということです。この分科会では、既存の何かにプラスすることで大きな効果を生みだし、新しいトレーニングにつながるプラス1の例を紹介し体験していただきます。

【当日の講演ポイント】

・次回の来所につながる「快刺激」を生み出すレク
・パタカラで終わらない!目からウロコの口腔体操
・お笑い芸人でもある作業療法士が実践する笑いを取り入れた体操
・漫才から学んだ介護現場で実践できるレクリエーション4つの公式
・タオルと新聞紙を使いバランスを意識した日常動作体操 ほか

【機能訓練の視点を取り入れた活動の展開で気を付けている事】

心が動けば体が動く!すべてのリハ・レク・活動には意味があり、機能回復へと繋がっています。問題なのは、スタッフがそれに気が付いていないことです。スタッフの意識改革・効果的な動機づけ・目標設定の方法を学んでもらい、今後のレクに活かしていただければと思います。

【機能訓練などを行う際にご利用者のモチベーションを高める方法】

「幼稚だと思われる」「マンネリ化する」などの問題点を解決していきましょう。動機づけやの公式、既存のプログラムにプラス1でクオリティを上げる方法を学んでもらい、モチベーションupのヒントを持ち帰って頂ければと思います。

【メッセージ】

リハ・レク・活動の「やり方」ではなく「あり方」を学びましょう。新しいものを生み出そうとして悩む必要はありません。ちょっとの視点の変え方や表現方法を変えるだけで、今までのプログラムが機能回復へ繋がるものへとガラリと変化します。
参加申し込みをする

2020年12月5日(土)ライブ配信

実技

「楽に歩ける笑顔」を引き出すための歩行訓練における声のかけ方

生野 達也

生野 達也 氏

一般社団法人動きのコツ協会
代表理事/理学療法士

歩行要介助者への歩行訓練
・足が出ない ・膝折れ ・傾く ・円背 ・痛み

【ライブ配信】2020年12月5日(土)15:15~17:40/【見逃し・振り返り視聴期間】ライブ配信終了後より1ヵ月間 【この講座のみ受講の場合】3,000円(税・手元資料代込み)

「歩行訓練をしているのに上達しない」、「介助がなくなると歩けなくなる」こうした問題が起こる場合、介助者目線の一方的な訓練になっている可能性があります。もう、介助者と利用者さんの両方とも、頑張らなくても良いのです。利用者さん自身の「楽に歩ける笑顔」を引き出すためには、歩行訓練における“声のかけ方”がポイントになります。当日は実技中心で、明日から現場で使える“声のかけ方”を身につけましょう。

【当日の講演ポイント】

・「うまく歩けない」体験を通じて、利用者さんの気持ちがわかります
・「足が出ない」「膝折れ」「傾き」などの症状が起こる原因がわかります
・“声のかけ方”を変えるだけで介助量が軽減する体験ができます
・利用者さん自身で「楽に歩ける」ための“声のかけ方”が身につきます
・明日からの歩行訓練が変わります ほか

【質を上げるために必要な視点】

例えば、歩行訓練というと「楽に歩けるように“介助する”」というイメージがあるのではないでしょうか?しかし、忘れてはならないのは「歩いているのは利用者さん自身」ということです。そのため、利用者さんが歩く時に、何を考え、何を意識しているかによって歩行訓練の質は大きく変わります。そのため、身体的な介助だけではなく、介助者の声かけの仕方によって大きくリハビリや機能訓練の質が変わるのです。

【ご利用者のモチベーションを高める方法】

何より「楽に動ける!」という喜びを利用者さんに体感していただくことです。動くことに対して「不安定さ」「痛み」「怖さ」などがあると、日頃の生活でも動く意欲が失われていきます。しかし、動きのコツをつかむことによって、「楽に動ける!」という喜びが体感できると同時に、「不安定さ」「痛み」「怖さ」が軽減すれば動く意欲も高まり、日常生活における活動も上がります。

【参加のポイント】

歩行訓練や各疾患の基礎知識を解説した上で具体的な介助方法を実技中心で実施することで、知識と技術が同時に身につきます。また、決して学校では習わない利用者さんの「動きのコツ」を見つけるための“具体的な声のかけ方”を二人一組の実技中心で実施します。次の日の現場ですぐにつかえる内容となっていますので、困っている利用者さんをイメージしながらご参加ください。

【メッセージ】

日々の現場で実施することが多い歩行訓練などが、いつもの方法に加えて「動きのコツ」の視点を加えることで大きく変わります。「楽に動ける!!」喜びを体感してください。
参加申し込みをする
実技

今、実践していることへのアレンジ方法でレクは決まる!

石田 竜生

石田 竜生 氏

日本介護エンターテイメント協会
代表/作業療法士

新しいレク30連発

【ライブ配信】2020年12月5日(土)20:00~22:00/【見逃し・振り返り視聴期間】ライブ配信終了後より1ヵ月間 【この講座のみ受講の場合】3,000円(税・手元資料代込み)

新しいプログラムを探すのだけではなく、表現のバリエーションを増やすことも実践の一つです。この分科会では、プログラム例だけではなく、公式やノウハウを学び、持ち帰って繰り返しいろんな場面で使える目からウロコのレクをご紹介いたします。

【当日の講演ポイント】

・転倒予防の効果を高める身近なものを使ったレク、アクティビティ
・「動機づけ」でレクと体操により大きな効果を引き出す方法
・いつものレクに一工夫で認知症・転倒予防につなげる方法
・転倒予防につながる「二重課題運動」を無限に創り出してみよう
・家でも思わず体が動く!ご利用者が受け身にならないレク活動 ほか

【機能訓練の視点を取り入れた活動の展開で気を付けている事】

心が動けば体が動く!すべてのリハ・レク・活動には意味があり、機能回復へと繋がっています。問題なのは、スタッフがそれに気が付いていないことです。スタッフの意識改革・効果的な動機づけ・目標設定の方法を学んでもらい、今後のレクに活かしていただければと思います。

【機能訓練などを行う際にご利用者のモチベーションを高める方法】

「幼稚だと思われる」「マンネリ化する」などの問題点を解決していきましょう。動機づけやの公式、既存のプログラムにプラス1でクオリティを上げる方法を学んでもらい、モチベーションupのヒントを持ち帰って頂ければと思います。

【メッセージ】

リハ・レク・活動の「やり方」ではなく「あり方」を学びましょう。新しいものを生み出そうとして悩む必要はありません。ちょっとの視点の変え方や表現方法を変えるだけで、今までのプログラムが機能回復へ繋がるものへとガラリと変化します。
参加申し込みをする

2020年12月7日(月)ライブ配信

実技

その姿勢は危険サイン!!3年後の拘縮は、いまの座位がつくっている!

野田 和美

野田 和美 氏

NPO法人日本介護福祉教育研修機構
認定講師/理学療法士

シーティング

【ライブ配信】2020年12月7日(月)19:00~20:30/【見逃し・振り返り視聴期間】ライブ配信終了後より1ヵ月間 【この講座のみ受講の場合】3,000円(税・手元資料代込み)

よい姿勢づくりは、生活場面での活動を広げ、褥瘡や拘縮悪化を予防する大切なケア技術の一つです。適切なシーティングには、ご利用者の体の特徴や生活場面に必要な姿勢を判断する視点が必要です。本セミナーでは、シーティングに必要な視点から動作分析、シーティング技術を学びます。

【当日の講演ポイント】

・シーティングに必要な視点
・動作分析とシーティングの評価
・疾患別シーティングの視点
・安楽な姿勢を保つシーティングに必要な視点(一部実技)
・「活動」と「参加」を高めるシーティング ほか

【参加のポイント】

「なぜ姿勢が大切なのか!?」の意味が理解できます。介護スタッフでも座位時のが評価ができるようになり、ご利用者の行動や状態が姿勢動作にどのように影響するのかが分かるようになるので、ますます専門性が高まります。
参加申し込みをする

2020年12月8日(火)ライブ配信

実技

リハビリ効果につながりやすいプログラムの立案と実施

川畑 智

川畑 智 氏

株式会社Re学 代表取締役
理学療法士

認知症の方への機能訓練
・身体機能訓練の工夫 ・集団トレーニングの方法 ・何をすれば良いのか?

【ライブ配信】2020年12月8日(火)20:00~21:30/【見逃し・振り返り視聴期間】ライブ配信終了後より1ヵ月間 【この講座のみ受講の場合】3,000円(税・手元資料代込み)

認知症の方の身体機能と認知機能を整理し、楽しく取り組み、リハビリ効果につながりやすいプログラムの立案と実施を行います。「導入場面」から「提供場面」まで、一つずつ分かりやすく解説します。

【当日の講演ポイント】

・認知症の方の「病期」から運動能力を整理する
・動作分析「ミル」からプログラムを立案する
・取り組みやすい運動と、取り組みにくい運動
・「運動拒否」「リハ拒否」を防ぐアプローチ術
・「感情支援運動」「視覚支援運動」「聴覚支援運動」 ほか

【認知症の方へのアプローチの工夫で必要な視点】

認知症の方の病気(エビデンス)の理解が得意な保健・医療・福祉の専門職と人生(ナラティブ)を把握している本人・家族・地域住民が1つのチームとして連携しながら多角的視点で評価し、みんなが納得できる答えを導き出すことが大切だと考えています。

【アプローチの変化によって、ご利用者の状態が変化した事例】

施設の中では無気力・無関心の様子が見える方々と農園療法に取り組み、BPSDが改善し本人が日常の役割を得て生き生きと暮らすようになったケースや無気力・無関心の様子が見える方の人生史を紐解くことで、脳活性化プログラムに積極的に参加し、認知機能の維持・改善に繋がったケース、地域住民との交流を深めることで精神活動が増加し、生活にメリハリが生まれたケースなど毎日が発見の連続です。

【参加のポイント】

本人の残存能力に目を向け「できる・わかる」にアプローチをすることで、安堵をもたらし安心に繋げることができるようになります。瞬間的な判断、継続的な情報収集を基に不安の解消と自信の回復に繋げるリハビリケアを共に学びましょう。

【メッセージ】

認知症の方が安心して生活できる環境は、認知症でなくても安心して生活できる環境です。自分のため、家族のため、地域のために認知症の疾患理解と本人理解を深め、質の高いサービスを提供していきましょう。
参加申し込みをする

2020年12月9日(水)ライブ配信

実技

口腔機能全般の維持・改善でフレイル予防

城野 香也子

城野 香也子 氏

NPO法人日本介護福祉教育研修機構
認定講師/言語聴覚士

口腔・嚥下訓練と口腔ケア

【ライブ配信】2020年12月9日(水)19:00~20:30/【見逃し・振り返り視聴期間】ライブ配信終了後より1ヵ月間 【この講座のみ受講の場合】3,000円(税・手元資料代込み)

呼吸、口腔、顔面、嚥下、発声に分けてそれぞれのトレーニングを集中的に実施し、口腔機能全般を維持・改善することでフレイル予防につながる実践を一部体験していただきます。参加者の皆さまが抱えている課題を全員で共有し解決に向けたトレーニング・ケアを提案いたします。

【当日の講演ポイント】

・口腔の評価の仕方
・認知症の方への口腔ケアの工夫
・不衛生口腔のケア実技(一部)
・嚥下訓練実技(一部)
・小集団で行う口腔、嚥下トレーニングの実践と手技 ほか

【メッセージ】

皆さまが抱えている口腔ケア・口腔トレーニングの課題を共有した上でアプローチを共に考えていけたらと思っています。お申し込みをいただく方はぜひ、事前に抱えている課題をお知らせください。
参加申し込みをする

2020年12月11日(金)ライブ配信

実技

すぐに使えるツールを使用し「短期記憶力」と「空間認識力」について考える

川畑 智

川畑 智 氏

株式会社Re学 代表取締役
理学療法士

楽しい認知機能訓練

【ライブ配信】2020年12月11日(金)20:00~21:30/【見逃し・振り返り視聴期間】ライブ配信終了後より1ヵ月間 【この講座のみ受講の場合】3,000円(税・手元資料代込み)

認知症の方の残存能力・消失能力を整理し、不安・不満・不信・不穏を引き起こさないため の「認知機能アプローチ」を一緒に考えましょう。今回は、すぐに使えるツールを使用し「短期記憶力」と「空間認識力」について考えていきます。

【当日の講演ポイント】

・「認知症の世界観」と「非認知症の世界観」の差を学ぶ
・認知症の方の「病期」から「できる・わかる」を整理する
・MCI、軽度認知症の方への「短期記憶」アプローチ
・認知症の方に有効な手段となりやすい「図形」アプローチ
・中重度認知症の方に対するプログラム提供時の支援のコツ ほか

【認知症の方へのアプローチの工夫で必要な視点】

認知症の方の病気(エビデンス)の理解が得意な保健・医療・福祉の専門職と人生(ナラティブ)を把握している本人・家族・地域住民が1つのチームとして連携しながら多角的視点で評価し、みんなが納得できる答えを導き出すことが大切だと考えています。

【アプローチの変化によって、ご利用者の状態が変化した事例】

施設の中では無気力・無関心の様子が見える方々と農園療法に取り組み、BPSDが改善し本人が日常の役割を得て生き生きと暮らすようになったケースや無気力・無関心の様子が見える方の人生史を紐解くことで、脳活性化プログラムに積極的に参加し、認知機能の維持・改善に繋がったケース、地域住民との交流を深めることで精神活動が増加し、生活にメリハリが生まれたケースなど毎日が発見の連続です。

【参加のポイント】

本人の残存能力に目を向け「できる・わかる」にアプローチをすることで、安堵をもたらし安心に繋げることができるようになります。瞬間的な判断、継続的な情報収集を基に不安の解消と自信の回復に繋げるリハビリケアを共に学びましょう。

【メッセージ】

認知症の方が安心して生活できる環境は、認知症でなくても安心して生活できる環境です。自分のため、家族のため、地域のために認知症の疾患理解と本人理解を深め、質の高いサービスを提供していきましょう。
参加申し込みをする

2020年12月21日(月)録画配信

実技

高齢者が必ずハマりやる気になる

山口 健一

山口 健一 氏

株式会社バイタル
エフステージ白木せいかつのデイ
作業療法士

効果の高い集団プログラムと様々な症状の人を集団で行う工夫
個別機能訓練加算Ⅰのプログラムに使える!

【録画配信】2020年12月21日(月)公開/【視聴期間】公開より1ヵ月間 【この講座のみ受講の場合】3,000円(税・手元資料代込み) 【視聴者からの質問受付】公開期間中に視聴者よりセミナー内容に関する質問を受付いたします。いただいた質問に講師が回答いたします。(回答方法は現在調整中)

心が動けば体が動く!すべての活動には意味があり、機能回復へと繋がっています。効果的な動機づけ・目標設定の方法を学び、明日からの集団プログラムに活かしていただきます。

【当日の講演ポイント】

・「できた」「楽しかった」という体験が感じれるプログラム
・麻痺側の随意性を引き出す応用的プログラム、運動
・身体機能の向上が期待できる活動量豊富なプログラム
・プログラムを無限大にする方法
・即興で様々な集団プログラムをつくってみよう ほか

【現場ケアでの自分の強み】

「できない」と決めつけてアプローチをしないこと。

【参加のポイント】

日頃の活動がトレーニング・機能訓練につながるまでのプロセスや在宅生活を改善するためのプログラムにつながる工夫を知ってほしいと思います。

【メッセージ】

明日からすぐにでも使える活動や考え方やアイデアをご紹介したいと思います。現場で行っていることを分かりやすく説明したいと思います。ニーズや気持ちを合わせる工夫などをお伝えしたいと思います。
参加申し込みをする
実技

在宅生活を改善するプログラムや継続してもらうための「わくわくアイデアリハ」

山口 健一

山口 健一 氏

株式会社バイタル
エフステージ白木せいかつのデイ
作業療法士

それいいじゃん!すぐに実践できるADL・IADLトレーニングの工夫例
個別機能訓練加算Ⅱの実践的訓練に使える!

【録画配信】2020年12月21日(月)公開/【視聴期間】公開より1ヵ月間 【この講座のみ受講の場合】3,000円(税・手元資料代込み) 【視聴者からの質問受付】公開期間中に視聴者よりセミナー内容に関する質問を受付いたします。いただいた質問に講師が回答いたします。(回答方法は現在調整中)

「心身機能」「生活機能」の維持・向上に直結するADL・IADLトレーニング・活動と参加のプログラムを実践例とともに紹介していただきます。

【当日の講演ポイント】

・すぐに取り組めるADL、IADLトレーニング
・調理訓練、戸締り訓練、買い物訓練などの工夫
・「できるイメージ」を持つためにすること
・「できないイメージ」をシフトさせるコツ
・ニーズを聞き出すコツ ほか

【現場ケアでの自分の強み】

「できない」と決めつけてアプローチをしないこと。

【参加のポイント】

日頃の活動がトレーニング・機能訓練につながるまでのプロセスや在宅生活を改善するためのプログラムにつながる工夫を知ってほしいと思います。

【メッセージ】

明日からすぐにでも使える活動や考え方やアイデアをご紹介したいと思います。現場で行っていることを分かりやすく説明したいと思います。ニーズや気持ちを合わせる工夫などをお伝えしたいと思います。
参加申し込みをする
ページトップ ▲