市民公開講座
お知らせ

「最期まで自宅で過ごしたい!」「介護が必要になったらどうしよう…」「認知症って…」など漠然とまた他人事として捉えていませんか?「介護サービス」や「認知症」の正しい理解をすることで、介護が必要になっても安心して暮らせる町づくりの一端を担えるのではないでしょうか。参加費無料となっています。お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

ポスターイメージ

【開催日時】

2021年11月19日(日)10:30~16:30

【開催場所】

広島県民文化センターふくやま(広島県福山市東桜町1-21)

【内容】

・認知症サポーター養成講座 ・介護体験談「認知症の妻を介護して~認知症発症から看取りまで~」 ・介護事業体からのメッセージ「カイゴが必要になっても安心して暮らせる!?」

【参加費】

無料

【その他】

・要事前申し込み ・「十分な換気」「手指消毒」など感染症拡大防止策に努め運営いたします

【主催】

・総合介護施設ありがとう ・NPO法人日本介護サポートセンター

【協賛】

第19回日本通所ケア研究大会(合同開催)第16回認知症ケア研修会in福山
参加申し込みをする チラシのダウンロード
セミナー内容

[時間] 10:30~12:00

認知症サポーター養成講座

受講するとサポーターの印「オレンジリング」をプレゼント

認知症になっても安心して暮らせるまちづくりをめざし、一人ひとりが認知症を正しく理解し、認知症当事者やご家族を支援するための知識を学びます。

参加申し込みをする
セミナー内容

[時間] 13:30~14:15

【介護体験談】

認知症の妻を介護して

認知症発症から看取りまで

認知症の発症から看取りまでの在宅で介護をした認知症家族の会代表の服部氏が、男性介護の視点から介護体験をお伝えします。また福山市郷分で認知症専門デイサービス「桜の里」を運営する堀川氏がその体験談を踏まえながら、認知症専門デイサービスの取り組みをご紹介します。

【演者】
[介護体験談]
・服部 寛治 氏(認知症の人と家族の会 広島県福山支部 世話人)
[認知症対応型通所介護事業所]
・堀川 悟 氏(のんびりデイサービス桜の里)
参加申し込みをする
セミナー内容

[時間] 14:30~16:30

【福山市内の介護事業体からのメッセージ】

「カイゴが必要になっても安心して暮らせる!?」

安心・共感 そして今

福山で介護が必要になっても「安心・共感のある暮らし」ができるように介護サービスを提供している各サービス種別のパネリストが自施設の紹介、コメンテーターと率直な感想や質疑応答を交えながら、参加者の皆さまへ「カイゴ」のイメージが変わるメッセージをお届けいたします。

【パネリスト】
[暮らすサービス]
・田原 久美子 氏(域密着型特別養護老人ホーム五本松の家)
・羽田 知世 氏(鞆の浦さくらホーム)
[泊まる・通う・訪問サービス]
・茨木 孝幸 氏(介護老人保健施設かなえ)
・石本 貴徳 氏(社会福祉法人 桜樹会)
・細井 俊希 氏(沼隈病院)
[多機能総合サービス]
・中藤 まゆみ 氏(総合介護施設ありがとう)
[コーディネーター]
・森田 裕治 氏(黎明会グループ)
・黒瀬 文 氏(福山市地域包括支援センター三吉)
参加申し込みをする
会場アクセス
広島県民文化センターふくやま
〒720-0065 広島県福山市東桜町1-21
参加申し込みをする
ページトップ ▲