第19回日本通所ケア研究大会(合同開催)第15回認知症ケア研修会in福山
開催のねらい

3年後、5年後、10年後…どんな変化にも負けない!
“圧倒的に地域で強い介護事業所”をつくる

今回の介護報酬改定は情報が多く4月以降の対応準備が多岐に渡り、現場泣かせの改定となりました。

「業務継続に向けたコロナ特例」「限度額計算の変更(大規模デイ→通常規模で計算、同一建物減算→減算前単価での計算)」「運営基準5つの変更(虐待防止、ハラスメント、業務継続計画(BCP)、衛生管理(感染症対策)、地域連携)」「無資格者への認知症研修の義務化」「データ提出系加算の新設(科学的介護の推進)」「自立支援・重度化防止に向けた取り組み(個別機能訓練加算、入浴介助加算、口腔機能向上加算など加算算定要件の変更・上位区分の創出)」など取り組まなければならない事項が多く、2024年の医療・介護の同時改定に向けて、地域資源として事業を継続し、地域と連携をしながら科学的介護、自立支援・重度化防止などに取り組み、効果を出す事業所が生き残れるという環境が用意され、取り組まない事業所は淘汰されていくという方向へ舵がきられたというメッセージが見え隠れしています。

言い換えれば、サービスの質の担保・事業展開を行うことで地域に必要な資源であり続け生き残りが可能だということではないでしょうか。

19回目を迎える今大会では、上記の注目すべき制度・業界動向や今後重要となってくるテーマ5大特別講演・26セミナー・7実技分科会を通してお伝えいたします。

さらに全国各地の事業所の情報交換の場として「演題・ポスター発表」「サンセットミーティング」を用意しています。

また大会初の試みとして「福山市」での現地会場開催と「オンライン」開催を同時に行う予定をしており、皆さまのご都合の良いスタイルで参加し、「今」必要な情報を手に入れていただけるようにしております。

このような社会情勢ではありますが、感染症拡大防止策に努め「情報交流」ができる場をつくってお待ちしております。

日本通所ケア研究会事務局一同 参加申し込みをする
開催概要

激動の時代を生き抜くための最新情報と先進事例を提供する3日間

日程

2021年11月19日(金)【大会プレセミナー/無料市民講座】2021年11月20日(土)・21日(日)【本大会】

テーマ

2024年介護・医療同時改定に向けてデイ・介護サービスはこう変わる!

参加方法

「会場参加」または「オンライン参加(大会当日のリアルタイムでのライブ参加・期間限定録画視聴)」

開催地

広島県福山市(広島県民文化センターふくやま、まなびの館ローズコム)

参加費

【オンライン参加の場合】※ライブ参加、期間限定で録画視聴できる講座は一部限定 [録画視聴]15,000円(税・資料代・大会終了後の録画[本大会の一部]視聴込み) [大会プレセミナー]5,000円(税・資料代込み・大会終了後の録画視聴込み)※A~Fを自由に聴講いただけます [ライブ参加]10,000円(税・資料代・大会2日間の当日リアルタイムでの参加し放題) 終了 [ライブ参加]+[録画視聴]20,000円(税・資料代・参加し放題・大会終了後の録画[本大会の一部]視聴込み) 終了 【会場参加の場合】 [1日]13,000円(税・抄録代込み・大会終了後の参加日の録画[本大会の一部]視聴込み) 終了 [2日]18,000円(税・抄録代込み・大会終了後の全日の録画[本大会の一部、大会プレセミナー]視聴込み) 終了 [大会プレセミナー]5,000円(税・資料代込み・大会終了後の録画視聴込み)※A~Fを自由に聴講いただけます 終了

主催

日本通所ケア研究会/福山認知症ケア研究会

共催

NPO法人日本介護福祉教育研修機構

後援
(順不同)

・福山市 ・公益社団法人日本理学療法士協会 ・公益社団法人日本社会福祉士会 ・一般社団法人日本作業療法士協会 ・一般社団法人日本言語聴覚士協会 ・一般社団法人広島県介護福祉士会 ・一般社団法人全国デイ・ケア協会 ・一般社団法人日本認知症ケア学会 ・一般社団法人広島県医師会 ・一般社団法人福山市医師会 ・独立行政法人福祉医療機構(WAM) ・中国新聞備後本社 ・エフエムふくやま

その他

・録画視聴期間は2021年12月1日(水)12:00~31日(金)23:59迄です。 ・オンライン参加いただける「プログラム」「録画視聴一覧」などの詳細ならびに参加申し込みの受付開始は2021年8月30日(月)開始予定です ・10月中旬の社会状況によっては「完全オンライン開催」になることがありますことをご了承ください ・会場では新型コロナウイルス感染症拡大防止策として「定期的な会場内の換気」「手指消毒の設置」「共用部の清掃」などを行います ・オンライン参加(録画視聴)を選択いただいた方の録画視聴期間は12月1日(水)~31日(金)となります
参加申し込みをする
大会長あいさつ

「エビデンス・ベイスド・ナラティブケア」を提供できる事業所づくりを目指す

日本通所ケア研究会 妹尾弘幸

妹尾 弘幸

日本通所ケア研究会 会長

令和3年度は、2040年2055年の新しい社会制度構築に向けての「キックオフイヤー」なのかもしれません。 LIFEなど様々なデータ提出と基盤となるマイナンバーカード等の推進で、医療-介護の総合的な制度設計が強力に進んでいくでしょう。 全国展開によるグループ化と地域でのグループ化が進み、5~10年後にはそれぞれの課題が明らかになりはじめ、10~20年後にはこれらの攻防も激しくなるでしょう。 従業者不足は年々激化し、選ばれる法人と捨て去られる法人が二極化し、新たな問題が表出します。 外国人従業員に対する期待も今後5年程度は広がるも、その後年単位で急速に収縮し、外国従業者に依存した体制を構築した法人は運営難を招くでしょう。 職員不足は激化し、特に訪問介護難民は急増し、近い将来社会問題化となります。 専門職が利用者宅を訪問して介護することは、人員面から無理になります。 利用者を1ヵ所に集め、効率的、効果的にケアが提供でき、人的交流も豊かになる通所が選ばれていきます。 移動技術の進歩(全自動自動車、空飛ぶクルマ等)も相まって、将来は通所系サービスが介護の中心となるでしょう。 通所系事業者は、その責務を負う覚悟を持ち、高品質なケアを提供できる力をつけていきましょう。 介護はエビデンスベイスドだけでなくナラティブベイスドも必要なサービスです。 科学的介護は重要ですが、年を重ねるにつれ、個々の生活・人生に合わせたケアが提供できる能力が各事業所に求められるようになります。 40年以上前から、身体機能中心のリハビリ、機能訓練に改善が求められてきましたが、旧態依然とした状況です。 介護保険制度が求める、本来の「生活・人生を支援できる介護」の知識・技術を身につけることが生き残りには大切です。 システム、設備はすぐまねできますが、一人ひとりの職員の能力は真似できません。 効果的に一人ひとりのQOLを高める「エビデンス・ベイスド・ナラティブケア」を提供できる事業所づくりを目指しましょう。 新型コロナウィルス感染拡大のため、昨年度は完全オンライン開催で日本通所ケア研究大会を開催いたしましたが、今年はコロナ禍での開催となります。 今年は「会場」と「オンライン受講」というハイブリッド開催になります。 学会規模では日本初の試みとなる、同じ時間帯に複数会場でのライブ配信(最大7会場同時配信)を予定しており、会場参加と同様にオンライン受講でも興味のある分科会を選択しながら受講いただけるよう準備を進めております。 また「会場参加」「オンライン受講」それぞれのメリットを最大限に活用した質の高い学びの場が提供できればと考えています。 大会プレセミナーを含めた3日間が皆さまの法人・事業所の今後の舵取りをする上でのヒントとなり、施設や事業所の職員研修・個人の知識・技術のスキルアップの場として有意義にご活用いただければ幸いです。

参加申し込みをする
大会プログラム

国の制度施策の最新情報から現場ですぐに使える実務情報を様々な角度から発信!!
地域・顧客ニーズに対応するための注目すべき動向や重要テーマを深掘り

特別講演(1)

2021年度改定で多岐に渡る加算再編
2024年改定に向けた介護サービスの考え方

【開催日時】

2021年11月20日(土)10:00~11:45

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

松田 晋哉 氏(産業医科大学 医学部 公衆衛生学教授/介護給付費分科会 委員)

【内容】

2025年の地域包括ケアの実現に向けて「時々入院・入所、ほぼ在宅」のための仕組みづくりが次回医療・介護の同時改定では本格化する。そのためには、在宅を支える仕組みづくりがポイントとなる。本講演では、その概要を説明いたします。

【その他】

この講演の講師はオンラインでの登壇となります

この講演の詳細を見る

特別講演(2)

地域包括ケアと科学的介護の推進の中で通所事業の方向性と具体的手法

【開催日時】

2021年11月20日(土)13:00~14:45

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

小室 貴之 氏(株式会社楓の風ホールディングス 代表)

【内容】

科学的介護が始まりました。科学的介護の推進は、地域包括ケアにおける要介護高齢者の効果的な「活動と社会参加促進」への重要な手段です。これからのデイはICFとLIFEへの対応、個別機能訓練加算への取り組みは必須の流れになり、制度が求める目的や意義を適切に理解した上での実践が不可避となることが想像できます。本講座では個別機能訓練加算算定にあたり、ICFとLIFEに完全対応する半自動計画策定ICTツール「SIOS(サイオス)プランニング」を活用しながら、運動器機能の維持回復に偏重することなく、地域・社会資源を存分に活用したデイならではのソーシャルワークの取り組み手法を紹介し、残業ゼロで取り組む科学的介護推進時代の新たな地域包括ケアにおけるデイの取り組みを紹介いたします。

この講演の詳細を見る

特別講演(3)

2021年介護報酬改定への対応の工夫
各事業所からからの報告と提言

【開催日時】

2021年11月20日(土)15:15~17:15

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

[大規模型通所介護]中村 久子 氏(柳町介護サービスセンター通所介護事業所 管理者)

[通常模型通所介護]山本 将彰 氏(有限会社いきいきリハビリケア エリア長)

[地域密着模型通所介護]宮川 直彦 氏(医療法人博仁会 志村フロイデグループ本部事務局 副局長)

[通所リハビリ]塩原 貴子 氏(医療法人社団紺整会 フェルマータ船橋 事務長代理)

【内容】

2021年の介護報酬改定を受け、通所系サービスにはより居宅サービスにおける質の向上が求められるようになりました。通所介護・通所リハは国が求める「自立支援」「重度化防止」「データ提出」などいかに効率的かつ効果を出せるように取り組んでいけばよいのか。通所介護・通所リハそれぞれのサービスが取り組んでいる改定後の取り組みを、「運営」「現場」それぞれの視点からご報告いたします。

この講演の詳細を見る

特別講演(4)

介護ニーズの変化に備える!これからの介護事業展開に必要な視点
長期・中期・短期それぞれの視点・立場から

【開催日時】

2021年11月21日(日)9:30~12:30

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

[大規模型通所介護]竹村 陽一 氏(長野市社会福祉協議会 事務局 係長)

[通常模型通所介護]木村 伸一郎 氏(有限会社いきいきリハビリケア 事業部 兼 エリア長)

[地域密着模型通所介護]宮川 直彦 氏(医療法人博仁会 志村フロイデグループ本部事務局 副局長)

[通所リハビリ]塩原 貴子 氏(医療法人社団紺整会 フェルマータ船橋 事務長代理)

【内容】

2025年・2040年に向けて自立支援の視点はますます重要となり、自助・互助の視点が促進されてきます。その状況な中でデイにはより一層の機能面の維持向上、活動と参加の重視という視点が強く求められてきます。社会ニーズ・利用者ニーズが変化していく中で、中重度者へのレスパイト的な側面は残しつつも「生涯現役」がキーワードとなっていくなかで今まで以上にどこに目を向けてサービスを行っていけばよいのか。それぞれの視点・立場からサービスを展開する通所系サービスの今後の中・長期のビジョンを提示いたします。

この講演の詳細を見る

特別講演(5)

これからの介護制度とデイ

【開催日時】

2021年11月21日(日)13:15~15:00

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

妹尾 弘幸 氏(日本通所ケア研究会 会長)

【内容】

今後のデイの運営には、「本当のデイになること」「地域の中での機能分化(役割分担)」が重要となります。この講演ではデイの運営に直結する最重要ポイントへの具体策についてお伝えいたします。

この講演の詳細を見る

セミナー(1)

生活期における立ち上がり動作と活動の関係性
通所でも行える立ち上がり困難にならない為の取り組み

【開催日時】

2021年11月20日(土)10:00~11:45

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

小池 隆二 氏(株式会社One More Ship 代表取締役/理学療法士)

【内容】

生活期において「活動」とは、対象者の生活において日々繰り返されるとても重要なものになります。「活動」という言葉は一つですが、複数の項目から成り立つものであり、どのような項目があるのか、各活動を行う上でどのような心身機能や動作方法が必要なのかということを理解することが大切になります。その中でも多くの対象者の方が介助を要することになる活動項目に関係している動作が立ち上がりです。このセミナーでは立ち上がり動作を中心に「活動」との関係性をお伝えさせていただきます。

このセミナーの詳細を見る

セミナー(2)

利用者・職員・ケアマネを惹きつけるWEBサイト・SNSなどの活用方法とアナログ的対応

【開催日時】

2021年11月20日(土)10:00~11:45

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

山下 総司 氏(株式会社IDO 介護部門ディレクター/介護環境アドバイザー)

【内容】

「地域連携」というキーワードが先行していく中、介護事業所は今後地域(高齢者・ケアマネ事業所など)に向けてどのような内容の広報活動を行っていくことが、事業所運営(稼働率向上・スタッフ定着・確保)に効果的に結びついていくのか。全国各地で介護事業所と地域づくりを行い、地域共生社会を実践する山下氏が実際に行っている広報活動とそのツール作成事例を紹介しながら明日から実践できるヒントを多数提示いたします。

このセミナーの詳細を見る

セミナー(3)

生活期における立ち上がり動作困難後の活動の捉え方
通所でも行える重症化予防と最期までの取り組み

【開催日時】

2021年11月20日(土)13:00~14:45

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

小池 隆二 氏(株式会社One More Ship 代表取締役/理学療法士)

【内容】

ヒトは年齢を重ねることや病気を罹患することで心身機能が低下します。このように様々な要因から結果として立ち上がり動作が困難になります。立ち上がり動作が困難になることで次に起こることは、立ち上がり動作と関係性の高い活動に制限が生じてきます。しかし、活動に制限が起こったとしても活動に対する視点を転換することで取り組み方が変わり、違う方法での活動の実施や予防方法も行えるようになります。このセミナーでは、活動とはヒトが最期まで行うことであり、QOLや対象者自身の存在意義にも直接関係することになるということを理解した上で、訪問リハ・訪問看護の視点から講師が通所で行える重症化予防の取り組みをお伝えいたします。

このセミナーの詳細を見る

セミナー(4)

出来る相談員が身につけておくべき知識とスキル
ICFの視点をフル活用して

【開催日時】

2021年11月20日(土)13:00~14:45

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

中松 光 氏(となりのカイゴ屋さん ココカラハピネス 代表)

【内容】

この度の制度改定でデイに努力義務化された「地域連携」「地域交流」というキーワード。生活相談員はその鍵となる存在として更なる活躍のチャンスを与えられました。ご利用者の望む生活の実現、社会参加の促進という自律と自立に向けて生活相談員や介護職員はどのような視点で援助していけばよいのか。地域連携や居宅訪問時に実践したいICFの視点を活用したご利用者の共感を生み出すアプローチを学んでいただきます。

このセミナーの詳細を見る

セミナー(5)

介護報酬改定内容を踏まえた口腔・栄養ケアのサービス・システムづくり

【開催日時】

2021年11月20日(土)13:00~14:45

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

末藤 浩平 氏(デイサービスはーと&はあと)

【内容】

デイサービスはーと&はあとは立ち上げ当初より、栄養・口腔に力を入れて取り組んでいます。令和3年度の介護報酬改定にて栄養・口腔に関する内容も注目され、私たちの取り組みはプラス改定へと進んでいます。このような状況の中で、未実施の事業所様は今後どのように取り組みをしていけばよいのか。本セミナーでは実践事例をお伝えすることで、参加された方の取り組み実施のきっかけになればと思っております。

このセミナーの詳細を見る

セミナー(6)

通所リハは今後どうなる⁉どうする!?
加算算定の工夫、短時間それとも中~長時間!?、特色をつくるためには!?、通所リハの将来予測

【開催日時】

2021年11月20日(土)15:15~17:15

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

高木 綾一 氏(株式会社Work Shift 代表取締役/理学療法士)

【内容】

2021年の介護報酬改定前には包括報酬案がでた通所リハビリテーションサービス。国が求めている通所リハの役割の整理と次回改定後も地域資源として生き残っていくためには何をするべきなのか。通所リハの将来予測をもとに、地域から必要とされ続けるための事業運営と現場マネジメントについて提言いたします。

このセミナーの詳細を見る

セミナー(7)

看護とデイ
選ばれるデイサービスを目指して!
看護職員は何をする?多様化する業務にどう対応する?

【開催日時】

2021年11月20日(土)15:15~16:45

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

北川 梓 氏(ほっとしばたケアセンター 看護職 兼 主任)

【内容】

通所系サービスの看護職員はご利用者の何を見て、何をするべきなのか。医療場面での看護でなく、生活場面における看護の役割について場面ごとのアセスメントと対応のポイントについてご紹介いたします。

このセミナーの詳細を見る

セミナー(8)

科学的介護情報システム(LIFE)の推進をどう捉える⁉
LIFEを活用した科学的介護へのシフトへ向けての取り組みと活用支援について

【開催日時】

2021年11月20日(土)15:15~17:15

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

得永 真人 氏(公益社団法人かながわ福祉サービス振興会 ロボット・ICT推進課 課長)

【内容】

介護現場における人材の確保、育成においてはこれまで以上に厳しい状況が見込まれる中、ICTの推進が課題解決の一助として認識されつつあります。今改正において加算要件として「科学的介護情報システム(LIFE)」の対応が求められ、介護現場では不安な部分を抱えたままスタートしました。本セミナーではそのLIFE対応に向けた施設における体制づくりから人材育成について事例を交えながらお伝えいたします。

このセミナーの詳細を見る

セミナー(9)

家族・ご利用者と信頼関係を築くコミュニケーション・面談技術
本当のニーズを見つけるために

【開催日時】

2021年11月20日(土)15:15~17:15

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

山出 貴宏 氏(株式会社NGU 代表取締役)

【内容】

デイを利用されるご利用者の真のニーズを私たちは掴めているのでしょうか。そして、本人を支えるご家族・地域とは信頼関係が築けているのでしょうか。ご利用者・地域と強固な信頼関係を築く株式会社NGUの実践をお伝えいたします。

このセミナーの詳細を見る

セミナー(10)

これからの介護事業者の経営戦略と保険外サービス
高齢者のお困りごと解決のワンストップサービスとは

【開催日時】

2021年11月21日(日)10:00~12:00

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

皆川 敬 氏(サニーウインググループ 代表)

【内容】

高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らし続けていくために、高齢者の抱える多様なニーズに対応したサービスの充実が求められています。そのために介護事業者は、公的保険サービスとニーズに対応する保険外サービスをいかに上手く組み合わせて事業展開を行っていけばよいのか。保険サービスと保険外サービスを組み合わせ高齢者のお困りごとを解決するワンストップサービスで提供するサニーウインググループの経営戦略をお伝えいたします。

このセミナーの詳細を見る

セミナー(11)

介護職が押えておきたい!!高齢者に多い疾患の医療知識
知ってると知らないでは経営にかかわることも…

【開催日時】

2021年11月21日(日)10:00~12:00

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

田原 久美子 氏(社会福祉法人祥和会 地域密着型特別養護老人ホーム五本松の家 施設長)

【内容】

私たちの心構え次第でご家族にとって尊い命を失うこともあります。私たち自身が、そして私の家族を安心してお願い、利用できる事業所づくりをしませんか?様々な疾患を持つ多様な高齢者がいる介護現場でスタッフがどのようなことに気付き、どう対処すればよいのか。 介護施設、デイサービス、ショートステイを運営する中で多く高齢者に関わる講師が、疾患だけに留まらず障がい、難病を合わせもつご利用者への支援を共に考えます。

このセミナーの詳細を見る

セミナー(12)

実効性のあるBCPを作成するためにすべきこと
そのBCPは「いざ」という時に本当に機能しますか?

【開催日時】

2021年11月21日(日)10:00~12:00

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

浅野 睦 氏(株式会社フォーサイツコンサルティング 代表取締役)

【内容】

大規模災害の発生や新型感染症の蔓延など、危機的事態が発生した場合でも利用者に必要なサービスを継続するためには、平時のうちの準備が欠かせません。また、持続可能な地域福祉の実現という観点からも、介護事業者にはBCPの策定・運用が求められます。本セミナーでは、事業継続計画(BCP)の策定に焦点をあて、実効性の高いBCP策定のコツをお伝えいたします。

このセミナーの詳細を見る

セミナー(13)

稼働率が高い施設はこんな工夫をしている!
地域からの信頼を確立するためにすべきこと
利用者・家族・地域に向けたケアの「見える化」

【開催日時】

2021年11月21日(日)10:00~12:00

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

長田 みどり 氏(特定非営利活動法人コミュニティケアクラブ埼玉 介護職員)

田村 たかこ 氏(特定非営利活動法人コミュニティケアクラブ埼玉 理事)

花木 美穂子 氏(特定非営利活動法人コミュニティケアクラブ埼玉 所長)

【内容】

稼働率が高く地域・ケアマネジャーから信頼されている事業所はどんな取り組みを行っているのか。画一的な介護からの発想の転換で制度改定の荒波に負けず、自事業所の取り組みを「見える化」することで、高稼働率を実現するコミュニティケアクラブ埼玉が取り組む実践事例と改善プロセスのポイントをご紹介いたします。

このセミナーの詳細を見る

セミナー(14)

共生型サービス、事業展開のポイント

【開催日時】

2021年11月21日(日)13:15~14:45

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

国府田 文則 氏(国士舘大学政経学部 非常勤講師/元三菱UFJリサーチ& コンサルティング株式会社 主任研究員)

【内容】

2025、2040年に向けて持続的な介護保険制度、地域包括ケアネットワークの推進、地域共生社会の推進が展開される中で、デイ業界の強力な再編も行われることは必至です。その中で、事業者、職員はどのような事業・職業マインドと方法論をもって、地域での価値創造をしていかねばならないのだろうか。地域資源の視点から共生型サービスへの参入・実施についてお伝えいたします。

このセミナーの詳細を見る

セミナー(15)

デイに役立つICT・ロボット、介護機器等記録ソフトの導入に向けた費用対効果の対策と導き方

【開催日時】

2021年11月21日(日)13:15~15:00

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

相田 倖希 氏(株式会社QOLサービス 経営企画)

【内容】

ICT・IoTの導入を促進し、業務効率性を高め生産性を向上させようとする事業所が多く見られますが、導入しただけでは生産性の向上なんて起こりません。例えば、記録ソフトを導入したことで人件費が下がりましたか?CS(顧客満足度)やES(従業員満足度)は、改善されましたか?従業員から導入による疲弊の声が漏れていませんか?ICTの導入は、定型業務効率性を上げることではなく、サービス品質の向上を目的としており、具体的な現場のオペレーションを把握して同時並行的に課題を解決していく必要があります。本セミナーでは、ICT導入を成功させるための具体的なオペレーション、費用帯効果、材料選定のコツ等について詳しく解説をしていきます。

このセミナーの詳細を見る

セミナー(16)

スタッフの労力軽減!中重度者も参加できる各種活動と作業

【開催日時】

2021年11月21日(日)13:15~14:45

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

森近 亜弥 氏(ありがとうミラクルデイサービス 管理者)

【内容】

住み慣れた生活の場で安心して最期まで生活を送り続けたいという想いを持っているご利用者は多くいます。それを実現するためには中重度ご利用者本人の意思を尊重し、自立した生活や社会生活を営むことができるよう支援し、同時にスタッフがバーンアウトしないよう労力軽減につながるシステムづくりが必要です。本セミナーでは、ご本人の「できる」「得意」を見つけるアセスメント方法の実践で、認知症による中重度者、身体機能的な中重度者のレベル別に行う活動の工夫とそれを実践することでスタッフの負担軽減につながっている実例をご紹介いたします。

このセミナーの詳細を見る

認知症ケアセミナー(1)

バリデーション
認知症のお年寄りのあるがままを認め、心を通わせるコミュニケーションとは

【開催日時】

2021年11月20日(土)10:00~11:45

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

玉置 裕美 氏(バリデーションティーチャー/介護福祉士)

【内容】

認知症のお年寄りは一人一人がユニークで価値ある存在です。これはバリデーションの原則の1つです。バリデーションで大切にしていることは、もし認知症になったとしてもその人の価値が変わらないとあるがままを認め、コミュニケーションをしていきます。あなたにいてほしい」と選ばれるスタッフになるためには何が大切なのか。会話が難しいお年寄りと信頼関係を築くには何が大切で私たちはどう関わればよいのか。バリデーションという認知症のお年寄りとのコミュニケーション方法の1つを演習を通して感情の世界を体験していただきます。

このセミナーの詳細を見る


認知症ケアセミナー(2)

これからのデイ運営を考える
中重度者、認知症利用者に対応するためにデイはどうあるべきか

【開催日時】

2021年11月20日(土)13:00~14:45

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

・原 秀直 氏(株式会社ハラケアシステム 代表取締役/たでいけ至福の園 施設長)

・山下 健太 氏(デイサービスセンターたでいけ至福の園 センター長/作業療法士)

【内容】

国の介護財源が限られてくる中、制度は今後中重度者重視にシフトしていくことが大いに予想されます。本セミナーでは開設以来、「利用者を断らない」をモットーに、他の事業所が受け入れを拒む重度の利用者を積極的に受け入れ、地域からの信用を積み上げ てきたたでいけ至福の園の、軽度から重度まであらゆる利用者のニーズに応えるデイであるために経営側と職員が持つべき姿勢と、たでいけ至福の園で実際に行っているサービスをお伝えします。

このセミナーの詳細を見る

認知症ケアセミナー(3)

今まで見えなった・気づかなかったことを知る!
認知症の方のBPSDへの適切な支援

【開催日時】

2021年11月20日(土)15:15~17:15

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

中島 健 氏(株式会社コスモ 専務取締役/認知症介護指導者)

【内容】

みなさん、「認知症ケアが大変だ…」とBPSDと戦っていませんか?本セミナーでは「BPSDってなに?」をベースに、認知症を持つ高齢者が❝生活のしづらさ❞からくる不安や混乱に対して戦ってしまう私たちは「絶賛BPSDを発症中」…。「認知症の方の生活がしやすくなる」を一緒に考えます。

このセミナーの詳細を見る

認知症ケアセミナー(4)

認知症の人へのケア&リハの具体策
拒否や意欲低下がある方の生活改善につながるアプローチ

【開催日時】

2021年11月21日(日)13:15~15:00

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

山出 貴宏 氏(株式会社NGU 代表取締役/認知症フレンドシップクラブ横浜事務局 代表)

【内容】

現場で働く介護・看護・リハ職は認知症ご利用者の「どの部分」に目を向けて関わり、またその方が持つ能力を発揮していただくための「自律と自立」双方の観点から考え、サービスやプログラムを提供しているのでしょうか。そしてご利用者は、何のためにサービスを利用しているのでしょうか。本セミナーでは認知症の方への日々の関わり方や介護技術を見直し、ご利用者に安心を感じてもらえるケアの知識と技術をお伝えいたします。

このセミナーの詳細を見る

実技分科会(A)

認知症の方への個別機能訓練
「認知症短期集中リハ」「個別リハ」「認知症の方の生活行為向上」の視点から

【開催日時】

2021年11月20日(土)10:00~11:45

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

浅野 有子 氏(デイサービス太陽と鳩たち 管理者/作業療法士/介護支援専門員)

【内容】

デイの個別リハ・個別機能訓練において、認知症の方の認知遂行機能の強化は重要な課題です。認知機能の強化練習に限らず、生活行為向上・活動と参加の促進・支援的、相互理解的コミュニティの醸成は今後のキーポイントになります。だからこそ、個別の機能や興味に応じたプログラムを準備するには機能評価が重要です。本分科会では生活機能向上・認知症予防特化型のデイサービスとして試みを進めてきたデイサービス太陽と鳩たちの特徴的なプログラム、現場で簡単にできる認知機能評価を紹介し皆様と様々な情報を共有していきます。

この分科会の詳細を見る

実技分科会(B)

リハビリ専門職が考える本当に必要な予防の方法とその発想法

【開催日時】

2021年11月20日(土)13:00~14:45

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

廣田 恭佑 氏(株式会社PLAST 代表取締役/理学療法士)

【内容】

介護サービスの重要なキーワードに予防があります。リハビリモンスターは予防の専門で要支援・総合事業対象者のみ6回転のデイサービスです。その運営を行う中で必要な機能訓練をご紹介します。また理学療法士の視点から私が考える予防に必要な思考や発想をお伝え致します。

この分科会の詳細を見る

実技分科会(C)

あの姿勢なんとかしてくれ!!デイでのシーティング
シーティングにおける問題を解決するために

【開催日時】

2021年11月20日(土)15:15~17:15

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

波野 優貴 氏(SOMPOケア株式会社 教育研修部 カスタムメイドケア運営課チームリーダー/理学療法士)

【内容】

介護場面でのシーティング、なぜ問題がおきるのか。シーティングを改善することでどのような効果を生み出すことができるのか。本分科会では、車いすシーティングに関して基本的な部分の説明から、デイなどの通所施設においてできる対応などに関してもお伝えするとともに、介護保険サービス内における車いすシーティングのよくある課題と対応方法、姿勢の見方、車いすとのフィッティングなどすぐに現場で実践できるワークショップ形式でお伝えいたします。

この分科会の詳細を見る

実技分科会(D)

デイのリハ職・機能訓練指導員に役立つ一つ上をいくリハビリ技術

【開催日時】

2021年11月21日(日)10:00~12:00

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

生野 達也 氏(動きのコツ研究所リハビリセンター 代表/理学療法士)

【内容】

今後、介護報酬が「成果型」へと変わっていく中で、デイのリハビリサービスにも変化が求められています。「維持するためのリハビリ」から「成果をあげるためのリハビリ」にするためには、今までと同じリハビリ方法では限界があります。この分科会では「生活期のご利用者がラクに動ける」ようになるためのリハビリ方法をお伝えいたします。受講した翌日から「利用者さんへの指導の仕方」「集団体操の中身」が変わることをお約束いたします。

この分科会の詳細を見る


実技分科会(E)

生活機能向上につながるプログラムの実践事例20連発

【開催日時】

2021年11月21日(日)10:00~12:00

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

・末永 啓 氏(ありがとう脳疾患リハビリデイサービス 管理者)

・鈴木 加奈 氏(ありがとうデイサービス 管理者)

【内容】

デイで取り組むプログラムは生活機能を向上させるための手段であり、「心身機能」を高めるトレーニングに偏らず「心身機能」「活動」「参加」の全てにバランスよくアプローチすることが求められています。また効果を高めていくためには、利用者と関わる全ての職員が「効果を高める」という視点で関わることが必要です。本分科会では、実際にありがとうグループのデイが取り組んでいる生活機能向上のためのプログラムを紹介しながら一部を体験していただきます。

この分科会の詳細を見る

実技分科会(F)

プロの介護職になるためのADL・IADL場面別介護技術のチェックと工夫

【開催日時】

2021年11月21日(日)13:15~15:00

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

野田 和美 氏(NPO法人日本介護福祉教育研修機構 認定講師/理学療法士)

【内容】

介護職はケアの専門家としてどのような介護状態であっても、充実してその人らしく暮らす工夫、方法を専門的知識・技術を持ってご利用者・家族、地域に対して助言、指導を行っていかなければ、日常生活の営みを支援することはできません。本分科会ではご利用者の残存能力を生かす介助法の伝達方法、「顔の見える関係の構築」など理解と協力を得るための多職種連携の方法を実践事例からお伝えいたします。

この分科会の詳細を見る

実技分科会(G)

呼吸・口腔・発声・嚥下機能の維持向上を目的としたBOSSトレーニング

【開催日時】

2021年11月21日(日)13:15~15:00

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【講師】

城野 香也子 氏(NPO法人日本介護福祉教育研修機構 認定講師/言語聴覚士)

【内容】

呼吸、口腔、顔面、嚥下、発声に分けてそれぞれのトレーニングを集中的に実施し、口腔機能全般を維持・改善することでフレイル予防につながる実践を体験していただきます。合わせて、参加者の方から事前に質問を募集し、質問項目を参加者全員で共有し解決に向けたトレーニング・ケアを提案いたします。

この分科会の詳細を見る

大会プレセミナー(A)

今すべきデイの運営(Ⅰ)
各種加算算定と運営基準等改定への対応

【開催日時】

2021年11月19日(金)13:15~15:15

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ)

【講師】

妹尾 弘幸 氏(総合介護施設ありがとう 総施設長/月刊デイ編集長)

【内容】

2021年度の報酬改定では、科学的介護提供体制推進加算等の新しい加算に加え、入浴介助加算等既存加算の算定要件の変更も実施されています。各加算の変更点を理解せずに算定している事業所も多くあり、実地指導時に返還指導をされる事業所が多数発生する可能性があります。これらを踏まえ、本セミナーでは今すべき「報酬改定への対応」と「運営基準改定への対応についてお伝えします。

この講演の詳細を見る

大会プレセミナー(B)

今すべきデイの運営(Ⅱ)
2024年、2040年に向けて制度が求めるデイの機能とそのシステム・プログラムづくり

【開催日時】

2021年11月19日(金)15:30~17:30

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ)

【講師】

妹尾 弘幸 氏(総合介護施設ありがとう 総施設長/月刊デイ編集長)

【内容】

制度ビジネスである介護保険事業では、制度が求める機能を提供することが基本となるが、この基本的な機能を理解していない事業所も多く存在しています。制度改定の度にこの基本機能遂行に対する要求度が高まっているため、制度が求める各機能を高い品質で提供できない事業所は今後淘汰される可能性があります。本セミナーでは、制度が求める6つの機能について説明するとともに、具体的に各現場ではどのような工夫をし、プログラムを提供しているのか…。そのシステムづくりについてお伝えいたします。

この講演の詳細を見る

大会プレセミナー(C)

医療・介護経営者のための人材不足時代に知っておくべき人事・労務管理(1)
職員の賃金確保、ネットの活用、職員の雇用調整、機密保持、再雇用の充実、就業規則の使い方など

【開催日時】

2021年11月19日(金)13:15~15:15

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ)

【講師】

志賀 弘幸 氏(社会保険労務士法人THINK ACT 代表社員/株式会社経営志援 代表取締役)

【内容】

働き方改革が現在進行形で進む中、「職員を大切にする施設・事業所」と「そうではない施設・事業所」の二極化が生じてきています。職員にとって働きやすい職場と何かを考え、その仕組みを人事制度で構築していくことは非常に重要な取り組みです。本セミナーでは安定した雇用を確保するために必要な「賃金」「教育」「ルール徹底」「福利厚生」など人事労務管理の重要ポイントの再検討、再構築につながる情報をお伝えいたします。

この講演の詳細を見る

大会プレセミナー(D)

医療・介護経営者のための人材不足時代に知っておくべき人事・労務管理(2)
相次ぐ職員の退職への対応、他事業所からの引き抜きへの対応、スタッフ定着の仕組みづくり など

【開催日時】

2021年11月19日(金)15:30~17:30

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ)

【講師】

志賀 弘幸 氏(社会保険労務士法人THINK ACT 代表社員/株式会社経営志援 代表取締役)

【内容】

近年の人材不足は施設経営に大きな影響を与えています。「ようやく採用した人材が早期に離職してしまう」「職員が突然、集団で退職してしまった」など、採用難の中で職員の安定した確保に悩む施設は少なくありません。また職員の問題行動によって管理者が悩むケースも増えてきており、その対応で本業に支障をきたいているところも出てきています。本セミナーでは、職員定着につながる労務管理とは何かについて考えていただきます。

この講演の詳細を見る

大会プレセミナー(E)

介護人財採用のツボ
どうすればいいの!?今さら聞けない…人財確保・定着に向けて今すぐ行う具体策

【開催日時】

2021年11月19日(金)13:15~15:15

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ)

【講師】

大久保 悦次 氏(人財育成コーチ/メンタルトレーナー)

【内容】

2025年度には約32万人介護職が不足しており、毎年5万3000人ずつ増やしていく必要があるという報道を耳にしたことがあるかと思います。今後ますますの人財不足が想定される中で、どのように「採用→定着→育成」に繋げていけるかが、経営にとっての最重要課題ではないでしょうか。本セミナーでは人財育成コーチでありながら、クライアント(パートナー)先の採用責任者として採用の最前線で活躍する講師が、採用成功率98%の実践に基づく「採用→定着→育成」までの流れを、事例を交えながら分かりやすくお伝えいたします。

この講演の詳細を見る

大会プレセミナー(F)

管理者やリーダーになりたいと思える組織づくり
リーダーシップと運営スキルを発揮してもらうための環境とは

【開催日時】

2021年11月19日(金)13:15~15:15

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ)

【講師】

大久保 悦次 氏(人財育成コーチ/メンタルトレーナー)

【内容】

スタッフ自らが「いつかはリーダーや管理者になりたい」と思ってもらえる組織を作る為に必要なこと…それは、今のマネジメント層にかかっています。心理的安全性を高める組織づくりや働きやすい職場環境づくりなどについて事例を交えながらお伝えいたします。

この講演の詳細を見る

市民公開無料講座

市民無料公開講座

【開催日時】

[認知症サポーター養成講座]2021年11月19日(金)10:30~12:00

[介護体験談]2021年11月19日(金)13:30~14:15

[シンポジウム]2021年11月19日(金)14:30~16:30

【参加方法】

会場参加

【演者】

[介護体験談]
服部 寛治 氏(認知症の人と家族の会 福山支部 会長)

[認知症対応型通所介護事業所]
堀川 悟 氏(のんびりデイサービス桜の里)

[暮らすサービス]
田原 久美子 氏(域密着型特別養護老人ホーム五本松の家)

[暮らすサービス]
羽田 知世 氏(鞆の浦さくらホーム)

[泊まるサービス]
茨木 孝幸 氏(介護老人保健施設かなえ)

[通うサービス]
石本 貴徳 氏(社会福祉法人 桜樹会)

[訪問サービス]
細井 俊希 氏(まり訪問看護ステーション)

[多機能総合サービス]
中藤 まゆみ 氏(総合介護施設ありがとう)

[コーディネーター]
森田 裕治 氏(黎明会グループ)/黒瀬 文 氏(福山市地域包括支援センター三吉)

この講演の詳細を見る


一般演題発表・ポスター発表

全国各地の取り組みが分かる!
一般演題・ポスター発表

【開催日時】

[一般演題発表]2021年11月20日(土)10:00~14:30

[ポスター発表]2021年11月20日(土)10:00~17:00

【参加方法】

・会場参加(期間限定の録画視聴可)

・オンライン参加(ライブ・期間限定の録画視聴可)

【募集する取り組み例】

[1]デイ運営の工夫
・2021年介護報酬改定を受けた運営の工夫
・LIFE提出系加算算定によるICTの導入
・短時間デイケアへの移行 など

[2]認知症ケア
・認知症予防の活動
・BPSDを回避する支援
・認知症の人の社会参加支援 など

[3]介護現場でのさまざまな取り組み
・利用者の意欲向上に対する取り組み
・外出訓練
・腰痛予防・改善へのチャレンジ など

[4]成果が出る!機能訓練・リハビリ
・個別機能訓練の工夫
・多職種連携
・口腔、栄養ケアの重要性 など

[5]その他(家族の心身負担軽減・地域拠点活動など)
・家族の介護負担感軽減への取り組み
・デイサービスでの看取り
・総合事業と出前講座 など

この講演の詳細を見る

サンセットミーティング

リハビリ職・介護職・管理者・看護職・生活相談員限定
「それぞれの職種は何が求められているのか」
「各職種の悩み」「活躍の具体例」

【開催日時】

2021年11月20日(土)17:30~18:30

【参加方法】

会場参加者限定(自由参加)

【内容】

明日からの現場運営の質向上につながるクローズドな情報交換会を予定しています。自分の職種の役割を再認し、活躍の具体例や悩みを共有することで新たな発見があります。また、全国各地の仲間とつながることで大会終了後も情報共有が可能となります。

この講演の詳細を見る

プログラムをダウンロードする
お知らせ
2021.11.17

参加者専用視聴ログインページを公開いたしました。各日の視聴ログインは11月18日(木)12:00頃よりログインできるよう準備をしています。

2021.11.13

一般演題発表のお申し込みをいただきました皆さまの発表テーマ一覧を掲載いたしました。このような社会状況の中でも「キラリ」と輝る取り組みを日々実践されていた発表者の皆さまの取り組みをぜひご聴講ください。

2021.11.08

大会講師協賛企画【講師イントロダクションミーティング】「コロナ禍だからこそ知っておきたい!介護ロボット補助金動向と介護ロボット・ICT活用について」の録画動画を公開いたしました。興味がある方はぜひこちらの動画をご視聴ください。

2021.11.06

大会講師協賛企画【突撃!!講師インタビュー】「中重度者の受け入れ」のインタビュー動画を公開いたしました。興味がある方はぜひこちらの動画をご視聴ください。

2021.11.06

大会講師協賛企画【突撃!!講師インタビュー】「生活動作の立ち上がり」のインタビュー動画を公開いたしました。興味がある方はぜひこちらの動画をご視聴ください。

2021.11.06

11月20日(土)に予定しております「一般演題発表」ですが、当初「会場」に来ていただいた方だけの設定にしていましたが、このコロナ禍の社会状況にも関わらず、「発表申し込み」をいただいたお客様の日々の現場実践の取り組みを一人でも多くの方に見ていただき、翌日からの現場実践のヒントに繋げていただけるよう、オンラインでのご参加も可能としました。ぜひご参加ください。

2021.10.29

大会講師協賛企画【突撃!!講師インタビュー】「シーティング」のインタビュー動画を公開いたしました。興味がある方はぜひこちらの動画をご視聴ください。

2021.10.25

大会講師協賛企画【突撃!!講師インタビュー】「デイの運営マネジメント」のインタビュー動画を公開いたしました。興味がある方はぜひこちらの動画をご視聴ください。

2021.10.22

大会講師協賛企画【突撃!!講師インタビュー】「介護人財の採用」のインタビュー動画を公開いたしました。興味がある方はぜひこちらの動画をご視聴ください。

2021.10.22

大会講師協賛企画【講師イントロダクションミーティング】「リハ職・機能訓練指導員が身につけたい一つ上をいくリハビリ技術とは」の録画動画を公開いたしました。興味がある方はぜひこちらの動画をご視聴ください。

参加申し込みをする
スポンサード

多大なるご支援誠にありがとうございます

トークノート株式会社
エクサホームケア株式会社
ページトップ ▲