私たちは、通所系サービスを中心に介護・看護に携わる方のワンランク上のスキルアップをお手伝いいたします

snsやYouTubeでも情報配信中
facebook
twitter
insta
youtube
メール会員登録

日本通所ケア研究会・福山認知症ケア研究会>ほぼ毎日更新!お役立ち情報

「全世代型社会保障改革の方針(案)」が発表

2020.12.15

政府は少子化対策について「不妊治療における助成金の拡充」と「待機児童の解消」を目指しています。

現在12,000人の待機児童がおり、2024年度末までに140,000万人分の保育の受け皿確保する予定です。

これは、単純に計算すると差し引き128,000人の子育て層の就労を引き出すということなのでしょうか…もちろん第2・3子の出産促進もあるとは思いますが…。

就労する女性が増加すると「介護人材の確保」にはプラスに働くと思われます。

また、医療では75歳以上の高齢者の自己負担割合が1割から2割に引き上げられます。

ただし、単身で年収2,000,000円以上の限りがあるため、この対象は約30%程度と限定的です。

2022年の秋から実施予定ですが、激変緩和措置として3年間は月額3,000円を上限とするようです(外来のみ)。

医療費の支払いが増加すると、介護利用の抑制が起こる可能性がありますので、要注意が必要です。


【制度改正・報酬改定の最新情報を学ぶ】

■介護報酬・介護制度改定への対策とこれからの介護セミナー

https://www.tsuusho.com/junkai

■【緊急オンライン開催】日本通所ケア研究大会(合同開催)認知症ケア研修会

https://tsuusho.com/conference/

学べる研修一覧

意味のある情報共有・会議・カンファレンスにするための方法を身につけるためのオンライン研修
スタッフマネジメントオンライン研修
アドバンス・ケア・プランニングを活用した地域連携と看取りケア
デイの基準と指導・監査対応セミナー
これからの世代に選ばれるデイを目指して
教科書だけでは学べない認知症ケア
令和3年度からの通所介護計画書・個別機能訓練計画書などの書類総合セミナー
新たなデイの運営基準に沿った環境づくりから地域への参加セミナー
オンデマンド配信中
機能訓練90講座
ページトップ ▲