私たちは、通所系サービスを中心に介護・看護に携わる方のワンランク上のスキルアップをお手伝いいたします

snsやYouTubeでも情報配信中
facebook
twitter
insta
youtube
メール会員登録

日本通所ケア研究会・福山認知症ケア研究会>ほぼ毎日更新!お役立ち情報 | 日本通所ケア研究会・福山認知症ケア研究会

「覚えられない」「忘れる」認知症の記憶障害とは

2020.11.23

「認知症」を「疾患」という視点で考える

まず大事なことは、認知症は病名ではなく状態を表した言葉であるということです。

病名としては 「アルツハイマー型認知症」「脳血管性認知症」「レビー小体型認知症」「前頭側頭型認知症」となります。

ほかにもさまざまなものがありますが、今回は認知症の中でも最も患者数が多いとされる「アルツハイマー型認知症」に焦点を当てて進めます。

認知症とは「脳に起きた変化によって記憶障害が起こり、日常生活を送ることが困難になっている状態」と言えます。

特にアルツハイマー型認知症は、「記憶の障害」を主症状とします。

私たちの生活では「記憶が大事」と先述しましたが、記憶が障害されてしまうのが認知症なのです。

国が推奨し、各自治体で実施されている『認知症サポーター養成講座』のテキストでは、記憶障害について上図のように記載されています。

これを見ると、認知症初期の特徴は「覚えられない」ことです。

そのため、「5分前に尋ねたことでも覚えられない」という方も多く、何度も同じことを聞きに来られる方もいるのです。

そして認知症が進行すると、「覚えられない」だけでなく「覚えたことを忘れてしまう」ようになります。

今まで覚えてきた大事なことをポロポロと忘れていく…それが特徴です。

ここで大切なのは「何もかもを忘れるわけではない」ということです。

多くの人が認知症の人に対して「ぼけたら何も分からなくなるから本人は幸せ」と言う時代がありました。

しかし、クリスティン・ブライデン氏をはじめとする認知症を抱えた当事者の方によると、「何も分からなくなるわけではなく、分かりにくくなるだけ。分かることもたくさんある」のです。


【情報提供元】

■認知症ケア最前線Vol.39(一部抜粋)

https://www.dayshop.biz/

■渡辺 哲弘 氏(株式会社きらめき介護塾 代表取締役)

http://www.kirameki3.com/


【認知症ケアについて学ぶ】

■介護職・看護師・リハ職のための認知症ケア集中セミナー

https://tsuusho.com/concentrate

■認知症の人の行動と環境から考える!その人らしさを引き出すための具体的支援方法

https://tsuusho.com/conference/schedule/#1204_2

■認知症の方への自立支援の環境づくりから考える!施設を利用する方々が地域で活躍する仕組みとは!

https://tsuusho.com/conference/schedule/#1205_5

■認知症の方の生活改善につながるじりつ支援のアプローチ

https://tsuusho.com/conference/schedule/#1206_4

■認知症の方へのじりつ支援の介助技術

https://tsuusho.com/conference/schedule/#1206_5

■【オンライン】川畑智氏のそうだったのか!なるほど納得!認知症リハ・ケアセミナー

https://www.tsuusho.com/online_dementiareha

最近の記事

ページトップ ▲