私たちは、通所系サービスを中心に介護・看護に携わる方のワンランク上のスキルアップをお手伝いいたします

snsやYouTubeでも情報配信中
facebook
twitter
insta
youtube
メール会員登録

どう向き合えばいいの?職場内での意見や価値観の衝突

2024.05.15

意見や価値観の衝突は、コミュニケーションを磨くチャンス!?

意見や価値観の衝突は、一見日常の何気ないことのようですが、職場内のコミュニケーション不全を生む一番大きな問題です。

この衝突は一言で言えば、「お互いの信念」の違いです。

こういった食い違いの時に、あなたの中にどんな感情が生まれていますか?

イライラしたり、ガッカリしたり…。まずは、一人ひとりは“違う”ということを理解しましょう。

この違いを埋めるよう努力することこそが、コミュニケーションを磨く機会になっていくのです。

組織で働く上で、全員が同じ価値観だとしたら、確かに仕事はやりやすいでしょう。

しかし、そのようなケースはめったにありません。

価値観の違いでぶつかった時に、相手のことをとやかく言いがちになりますが、果たして自分自身はどのような対応だったか、それは適切だったのか、省みる必要があります。


双方が良い関係を保つ「アサーティブ・コミュニケーション」を選択する

従来のコミュニケーションの構図でいうと、相手を論破して負かす(自分の意見を通す)か、逆に相手の意見に大人しく迎合するかです。

しかし、双方が良い関係を保ちながら進んでいく方法もあります。

これが「アサーティブ・コミュニケーション」と呼ばれるものです。

まずは、「なるほど」と相手の言うことを受け取りながら、「こんな風にしてみたらどうでしょう?」と提案もしてみます。

言う権利はあなたにもあるのです。

この時に大事にすることは、率直なフィードバックです。

嫌味は言わず、「それだと、ご利用者もビックリしますよ」「だいぶ激しいですね」などと伝えてみます。

それに加え、相手の言葉の背景をくみ取ると、相手の思いに寄り添うことができます。


【情報提供元】

リハージュ

https://dayshop.biz/


学べる研修一覧

通所リハ運営向上セミナー
認知症の方の転倒予防セミナー
見学会セミナー
ケアレク
セミナー動画配信
ケアマネオンラインセミナー
【オンライン】環境づくり
【オンライン】リハビリ90講座
大会DVD

おススメのサイト一覧

ケアカルテ
NDソフト
プラス
帳速
ページトップ ▲