私たちは、通所系サービスを中心に介護・看護に携わる方のワンランク上のスキルアップをお手伝いいたします

snsやYouTubeでも情報配信中
facebook
twitter
insta
youtube
メール会員登録

日本通所ケア研究会・福山認知症ケア研究会>ほぼ毎日更新!お役立ち情報 | 日本通所ケア研究会・福山認知症ケア研究会

エビデンス・ベイスド・ナラティブ・ケア

2021.01.07

一人ひとりの生活・人生に合ったケアを科学的に根拠のある方法で行う

介護は、利用者の生活を支援するために行われるサービスです。

一人ひとりの生活はさまざまであり、今までの人生、これからの人生もさまざまです。

したがって、利用者の生活を支援するためには、その人のこれまでの生活や人生、現在の生活を理解して、将来の生活、人生を推測すること、本人の人生のストーリー性を大切にすることが重要になります。

このようなストーリー(語り)を基盤にしたケアを「ナラティブ・ベイスド・ケア」と呼びます。

同時に介護は、人に対して直接的に実施されるサービスです。

したがって、安全かつ効果的に実施されなければいけません。

行き当たりばったりの介護や単なる思いつきで行うのではなく、きちんとした理由・理論にのっとった上で実施されるべきです。

こういった科学的根拠に基づいて行われる介護のことを「エビデンス・ベイスド・ケア」と呼びます。

介護では、車の両輪のようにこの両者が必要となります。

一人ひとりの人生というストーリーを大切にかつ尊重して、科学的根拠に基づいた介護技術を提供しましょう。


基本的な考え方

介護は、本人の生活を支援することを主目的としています。

「個々の人生・生活の語りに基づくケア(ナラティブ・ベイスド・ケア)」と「科学的根拠に基づくケア(エビデンス・ベイスド・ケア)」の両者を合わせた考え方「エビデンス・ベイスド・ナラティブ・ケア※」が重要です。


エビデンス・ベイスド・ケア

医療分野で起きた「正しい方法論に基づいた観察や実験結果に基づいて、治療法等の選択をするべきである」という考え方を基に、1990年にGordonGuyattによりEBM(Evidence Based Medicine)という概念が提唱されました。

日本では「根拠に基づいた医療」と訳されます。

この考え方をケアに応用したのがエビデンス・ベイスド・ケアです。

類似の言葉に、EBN[Evidence Based Nursing]、EBP[ Evidence Based PT] などがあります。


【例】釣り竿を上げるために必要な肘の屈曲の力をつけるためのトレーニング

肘の屈曲の筋肉増強トレ−ニングを行う際、トレーニングの抵抗を現在の筋力の2/3以上の強さで行う。

なぜなら筋力増強には最大筋力の2/3以上の負荷量でなければ筋力増強にはならないため。


ナラティブ・ベイスド・ケア

科学的実証主義の医療であるエビデンスベイスド医療(Evidence Based Medicine: EBM)の精神医学領域での限界を克服するために、その対抗概念として提唱された考え方が、ナラティブ・ベイスド・メディスン(Narrative Based Medicine : NBM)です。

この考え方をケアに応用したのが、ナラティブ・ベイスド・ケアです。


【例】魚釣りが好きな利用者を魚釣りに釣れて行くこと

・これまでの生活・人生を理解する

・現在の生活を理解する

・将来の生活・人生を推測する


【情報提供元】

■実践!認知症ケア1(一部抜粋)

https://www.dayshop.biz/


【学ぶ】

■介護職・看護師・リハ職のための認知症ケア集中セミナー

https://tsuusho.com/concentrate

■【WEB同時配信】介護施設・事業所における新人職員と中途採用職員を即戦力にするためのセミナー

https://www.tsuusho.com/establishment/

■事業所運営の課題解決に直結する! すぐに始める「強い組織」をつくるための立て直しセミナー

https://tsuusho.com/management2021

■介護報酬・介護制度改定への対策とこれからの介護セミナー

https://tsuusho.com/junkai

■新年度直前対応!デイ運営と事業展開3日間セミナー

https://tsuusho.com/management3days

■報酬改定対応!デイ加算算定のための評価・書類・記録・プログラムセミナー

https://tsuusho.com/valuation

最近の記事

ページトップ ▲