デイ運営特別研修会-コロナに負けない!デイづくりの具体策&強化策-

このセミナーの説明

介護事業所として新型コロナウイルス感染拡大の第2波や例年の感染症に備えながら運営していくための介護事業経営と現場実践の方法、具体的プログラムづくりを下記の視点から学びます。

「地域包括ケア推進の中で生き残るための運営」
「新型コロナウィルスと運営」
「デイのウリづくり、特徴づくりとPR・利用者増」
「ウリづくりのための具体的プログラムづくり」

開催概要

【日程】

(大阪会場)2020年09月04日(金)10:00~17:00

(名古屋会場)2020年09月05日(土)10:00~17:00

(東京会場)2020年09月06日(日)10:00~17:00

【会場】

(大阪会場)CIVI研修センター新大阪東(JR新大阪駅東口より2分)

(名古屋会場)ウィンクあいち(JR名古屋駅桜通口【ミッドランドスクエア方面】徒歩5分)

(東京会場)LMJ東京研修センター(JR総武線「水道橋駅」東口より徒歩6分)

【講師】

・妹尾 弘幸氏(株式会社QOLサービス 代表取締役/理学療法士)

・総合介護施設ありがとうグループ 管理者

【参加費】

18,500円(税・資料代込み)

【その他】

・新型コロナウィルス感染症対策として募集定員枠を通常より少なくしています

・換気のため「ドア」や「窓」を開放する時間を設けます

・参加者は、お互い距離をとってご着席ください

・会場に、手指消毒剤を設置致しますのでご活用ください

・受講当日は、ご来場いただく前に体温測定をお願いいたします

・体調にご留意いただき、もし体調不良(風邪症状がある場合・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ、高熱など厚生労働省の通知による)があれば参加はご遠慮ください

この研修に参加する

研修内容

地域で一番になるための事業所づくりのエッセンスを提供!

今後も生きの残ることができれば競合は減り、逆に利用者は増えて事業所運営も安定化します。

このコロナ騒動対応の中でも、各種制度は大きく変わってきています。

いち早く情報収集をして地域で一番になるための事業所づくりのエッセンスを様々な視点からお伝えいたします。

セミナー内容

1. 地域包括ケア推進の中で生き残るための運営

(1)新社会福祉法で「地域包摂支援」が始動

(2)今後介護が大きく変わる

(3)制度の現状、将来についてこれなくなると大変なことに…

(4)事業展開のツボ(開設抑制・地域の介護ニーズ・人材確保など)

(5)求められる本物のサービス

2. 新型コロナウイルスと運営

(1)今すること

(2)補助金、助成金の活用

(3)新型コロナウイルスで分かっていること&デイでの対応

(4)コロナ、インフル、ノロ…冬の感染症に備える

(5)コロナで変わること、変わっていくこと

3. デイのウリづくり、特徴づくりとPR・利用者増

(1)ウリづくり、特徴づくりのポイント・視点

(2)制度が求めていることとその中からのウリづくり

(3)特徴あるデイの例

(4)効果あるPRの仕方

(5)利用者増の戦術

4. ウリづくりのための具体的プログラムづくり

(1)環境づくりの工夫

(2)プログラムとツールの工夫

(3)システムの工夫

(個別機能訓練の工夫、レクの工夫、家族支援の工夫、自立支援の工夫など)
この研修に参加する

講師紹介

妹尾 弘幸 (せお ひろゆき)

・株式会社QOLサービス 代表取締役

・早稲田大学大学院 元非常勤講師

・月刊デイ編集長

・理学療法士

川崎リハビリテーション学院卒業後、救急病院、県立病院などで理学療法士として勤務する傍ら、介護福祉士養成学校などの非常勤講師を務める。1998年に理学療法士勤務の傍ら有限会社QOLサービス(現、株式会社QOLサービス)を設立。2004年に介護部門「多機能地域ケアホームありがとう」を開設。現在は株式会社QOLサービス代表取締役として「月刊デイ」「レクの達人」などの定期購読誌を発行する傍ら、介護現場での臨床実践・研究なども精力的に行っている。


【総合介護施設ありがとうグループの特徴】

・同一敷地内に地域密着型デイ6種、古民家デイ2種、脳疾患デイ、大規模デイ、サ高住2種3棟、グループホーム、看護小規模多機能、ショートステイ、訪問介護、訪問看護、定期巡回随時対応型訪問介護看護など複数の介護事業所を運営

・グループホームは5年前より入居待ち申し込みが70~100名超え(市内グループホーム72ヵ所)

・サ高住は開設より3カ月で全棟満室、その後も満室を継続(サ高住全国平均の3倍)

・離職率5%以下を5年以上継続し常勤職員の9割以上が全国レベルの学会で発表

・12年前より個別機能訓練加算Ⅱでの実践的環境下での生活機能トレーニングを展開

・15年前より「地域包括ケアシステム」想定の「同一地区多種拠点展開モデル」を実践

この研修に参加する

会場アクセス

大阪会場

CIVI研修センター新大阪東

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-19-4 新大阪NLCビル
新大阪東口から50m

名古屋会場

ウィンクあいち

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4-4-38
JR名古屋駅桜通口【ミッドランドスクエア方面】徒歩5分

東京会場

LMJ東京研修センター

〒113-0033
東京都文京区本郷1-11-14 小倉ビル
水道橋駅から徒歩6分/都営三田線水道橋駅から徒歩3分
この研修に参加する

参加にあたっての注意事項

・お申し込み後のご案内は「メール」「郵送」「FAX」いずれかの方法にてお送りいたします

・お申し込み後、1週間を経過しても入金案内が届かない場合は、事務局までご連絡ください

・参加費の納付を持って正式申し込みとなります

・天災、主催者都合で中止となる場合は全額ご返金いたします

・ご入金後のお客様都合での参加費の返金はいたしかねますが、参加者の変更は可能です

・席順は研修当日の着席順となります

・お申し込み時にいただいた情報は、当会の管理・運営のみに使用いたします

申し込み手続きをする
ページトップ ▲

コロナに負けない!デイづくりの具体策&強化策

デイ運営特別研修会

【本研修に関するお問い合せ】

日本通所ケア研究会事務局/NPO法人日本介護福祉教育研修機構

〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内
TEL:084-971-6686 / FAX:084-948-0641