私たちは、通所系サービスを中心に介護・看護に携わる方のワンランク上のスキルアップをお手伝いいたします

snsやYouTubeでも情報配信中
facebook
twitter
insta
youtube
メール会員登録

日本通所ケア研究会・福山認知症ケア研究会>ほぼ毎日更新!お役立ち情報 | 日本通所ケア研究会・福山認知症ケア研究会

人材確保の方法を他の業界から学び、情報収集と分析を行う

2020.11.10

魔法の採用方法はない

今さら言うまでもありませんが、介護業界問わず人手不足の深刻さは今後の日本経済においても深刻な課題です。

毎週のように求人の折り込みチラシや新聞の求人、電車の中でも求人広告を掲げ、人材確保を急いでいます。

超人気企業までもが人手不足の課題を抱える時代となっています。

その中でも介護業界は、未曽有の人材不足に陥っている業界ではないかと感じます。


介護は「ひと対ひと」のサービスが基本


介護は人なくしては成立しない業界といっても過言ではありません。

国の施策もあり介護ロボットなども普及していくとは思いますが、そこにも限界があるのが介護業界なのです。

この人手不足時代に必要なことは、労働力を集める工夫や定着を促進する努力、仕掛けを真剣に検討し、実践することなのです。

今までと同じ求人内容で自転車操業的に、いつもと同じ媒体だけで広告していては、人の確保は難しい時代だということを経営者は理解しなければなりません。

求人媒体だけで考えても、ハローワーク、折り込みチラシ、新聞の求人欄、民間の求人誌、ホームページ、フェイスブックなどのSNS、学校への求人営業、そして口コミなどかなりの媒体があります。

多くの介護施設経営者や管理者から「人が確保できない」という相談を受けます。


「何かいい採用のツールはありませんか」

「確実に採用する方法を教えてください」


という非常に難しい相談を多く受けます。

今のところの結論は、「魔法の採用方法」「確実に成功する求人方法」という「絶対的にこうすれば人材が確保できる方法はない」ということです。

つまり求人のテクニックばかりに頼ってお金をかけたりしても即効性のあるものはなく、たとえ一時的にその効果が出たとしても職員は定着せず早期に退職するという例を多く目の当たりにしてきました。

しかし、人材を「確保しやすい方法」はあります。


【人事定着・確保の最新情報を学ぶ】

■人財育成術①‐人材定着→人材確保とにかくスタッフを確保したい!効果の出る具体例‐

https://tsuusho.com/conference/schedule/#1204_3

■人財育成術②‐人効果的な職員教育、現状維持を望む職員へのアプローチの方法‐

https://tsuusho.com/conference/schedule/#1204_5

■人財育成術③‐離職防止、不満対策の具体例‐

https://tsuusho.com/conference/schedule/#1216_1

■人財育成術④‐スタッフのモチベーションアップで絶対に押さえておきたい3つのこと‐

https://tsuusho.com/conference/schedule/#1217_1


【情報提供元】

■デイの経営と運営 Vol.42(一部抜粋)

https://dayshop.biz/

■志賀 弘幸氏(社会保険労務士法人THINK ACT 代表社員)

https://www.think-act.jp/

最近の記事

ページトップ ▲