私たちは、通所系サービスを中心に介護・看護に携わる方のワンランク上のスキルアップをお手伝いいたします

snsやYouTubeでも情報配信中
facebook
twitter
insta
youtube
メール会員登録

「グレー職員」は事業所に悪影響を与える【勤怠不良型編】

2022.04.29

問題職員とまでは言えないが、それに近いグレー職員にどう対応したらよいでしょうか。

グレー職員とは、例えばいつも始業ギリギリに出社する、あるいは「電車遅延」「道路が混んでいた」を理由にした遅刻が多い、業務指示には従うものの、ふて腐れた態度を取る、業務はこなしているが聞くまで連絡・報告がない、社外の人への態度が悪いため評判が悪く、社内での評判も悪い、セクハラ・パワハラ一歩手前の行動を取る、機密は明かしていないがソーシャルメディアなどで、社内の事情を掲載している、などの職員を指します。

このような職員を放置しておけば、その問題行動が改善されることなく永遠に続くことになります。

それは、上司には苦痛でしょうし、同僚もそんな勤務状況で許されるのかと思い、向上心のある職員はやる気を失い、見切りを付けて転職します。

向上心のない場合は、この「グレー職員」と同じような問題行動を取るようになるでしょう。

そういったことが続けば、組織は傷つき、業務効率が落ち、事業所の継続すら危ぶまれることになります。

事業所(使用者)は、グレー職員に対し、しっかりとした対応をする必要があります。


グレー職員を類型化

グレー職員への対応を考える上で、類型化はとても大切です。

なぜなら、その問題性の特徴に応じた効果的な手段を考えることが容易になるからです。

グレー職員を次のように4つに類型します。

■勤怠不良型

■労働能力欠如型

■セクハラ・パワハラ型

■私生活上の問題行動型


【情報提供元】

デイの管理者&リーダー「だよりね」

https://tool.daybook.jp/

デイサービスの管理者&リーダー Vol.48

https://amzn.to/3kFjERI


【学ぶ】

■介護制度と報酬改定への対策&デイサービス見学会

https://www.tsuusho.com/ds_tour

■デイの基準と指導・監査対応セミナー

https://www.tsuusho.com/standardr

おススメのサイト一覧

ケアカルテ
NDソフト
プラス
帳速

学べる研修一覧

大会
指導・監査
リハ職が実践すべきトレーニング・評価実技
デイ見学会
期間限定録画視聴
大会DVD
プラス
帳速
ページトップ ▲