私たちは、通所系サービスを中心に介護・看護に携わる方のワンランク上のスキルアップをお手伝いいたします

snsやYouTubeでも情報配信中
facebook
twitter
insta
youtube
メール会員登録

からだとこころに触れて、相手を癒すタクティールケア

2023.04.17

タクティールケアとはマッサージではなく、触れるだけ

タクティールケアは、スウェーデンで誕生した、両手で優しく、ゆっくりと背中や手足に触れるケアです。

不安やストレスを和らげるケアとして保健・医療・福祉の分野で幅広く活用されています。

「タクティール」は、ラテン語の「タクティリス(taktilis)」に由来する言葉で「触れる」という意味です。

タクティールケアは、その言葉が示すように、術者の手で優しく包み込むように“触れる”ケアで、「押す」「揉む」のではありません。

また、タクティールケアは単なる療法ではなく、肌と肌との触れ合いによるコミュニケーション方法の1つでもあります。人に出会い、あいさつをしながらケアを行うことで、言語による会話を行うのと同じように、気持ちを通わせることができるのです。

例えば、「はじめまして、○○(名前)です。よろしくお願いします」というごく普通のあいさつを理解することが難しくなった認知症の人に対して、タクティールケアを施すことで、触れあった手を通して言葉にせずとも親しみを込めた気持ちを伝えることができます。


“手”を通して感じ、伝えるタクティールケア

タクティールケアには、特別な道具は必要ありません。

必要なのはあなたの“手”です。

日常生活において無意識に使っている手は、「熱い・冷たい」「柔らかい・硬い」など、さまざまな感覚を受け取り、同時に相手へさまざまな感覚を伝えるものでもあります。

介護をする際にアセスメントはとても重要ですが、認知症の人は言葉で伝えることが難しい場合があります。

その際に“手”が情報収集のツールとして役立ちます。

それと同時に、“手”は認知症の人のニーズを満たす役割も担っています。


「情報収集のツールとしての“手”」とは?

赤ちゃんが泣いています。

あなたならどうしますか?

きっと「どうしたの?」と声を掛けながら、赤ちゃんの額や身体に触れ、「痛いところはないか」「皮膚に異常はないか」「熱はないか」など、いろいろな状態を手で触って確かめることでしょう。

その手は赤ちゃんからの「情報」を受け取ると同時に、赤ちゃんに「安心」を与えます。さらに、あなたにとっても「安心」を与えてくれるはずです。

手で触れるということによって互いの心身にさまざまなことを伝え合うことができるのです。


誰にでもできるタクティールケア

以下の目的に合わせて決められた手法を実践することで、誰でもタクティールケアを行うことができます。

タクティールケアを学ぶ人々の中には家族介護者もいます。

タクティールケアの目的を理解・共感した上で実践し、安心感や穏やかな時間を実感されています。


<タクティールケアの目的>

・安心感や穏やかな時間を実感・共有し、信頼関係を築く

・自分の手、足、背中などの身体認識を高める

・懐かしい思い出や、よい感情を思い出す手助けをする

・自らやってみようとする力を引き出す


【情報提供元】

認知症ケア各種療法

https://dayshop.biz/item/detail/2174.html


【学ぶ】

■【オンライン配信】2024年介護報酬改定の影響と対応

https://tsuusho.com/special_ondemand

■デイの管理者養成講座&運営改善講座

https://tsuusho.com/manager

■介護制度と報酬改定への対策&デイサービス見学会

https://tsuusho.com/ds_tour

■看護職・機能訓練指導員・介護職のための個別機能訓練実技セミナー

https://tsuusho.com/kunren_jitsugi

■【令和5年度版】デイの基準と運営指導・監査対応2日間セミナー

https://www.tsuusho.com/standard

■【オンライン講座】PEAPに基づくご利用者を取り巻く施設環境づくり

https://tsuusho.com/lp_creating_an_environment

■第19回日本通所ケア研究大会セミナーDVD

https://tsuusho.com/conferencedvd

学べる研修一覧

リハ強化
見学会セミナー
ケアレク
本当の自立支援
セミナー動画配信
ケアマネオンラインセミナー
【オンライン】環境づくり
【オンライン】リハビリ90講座
大会DVD

おススメのサイト一覧

ケアカルテ
NDソフト
プラス
帳速
ページトップ ▲