私たちは、通所系サービスを中心に介護・看護に携わる方のワンランク上のスキルアップをお手伝いいたします

snsやYouTubeでも情報配信中
facebook
twitter
insta
youtube
メール会員登録

日本通所ケア研究会・福山認知症ケア研究会>ほぼ毎日更新!お役立ち情報

“どのようにしたらできるか”を 一緒に考えて練習する

2020.12.23

ADL・IADLを維持・改善するためには、現在やっている活動や少し前までやっていた活動の練習や類似訓練を行うことが、最も効果的です。


「人の脳や筋力は使わないと低下してしまう」


と言われており、これは日常生活動作も同じです。

例えば、今まで一人で炊飯ができていた方が、腰が痛くなり、立って米とぎをしにくくなったため、レトルトご飯を使うようになったとします。

すると、その後さらに炊事という活動が不活発となり、筋力や意欲 が低下してきます。

ここで、一人で食事の準備ができなくなったため、ケアマネジャーにヘルパーを依頼するよう伝えられると、自立支援にはなりません。

やっていたADL・IADLができなくなったら、“どのようにしたら一人でできるようになるのか“を一緒に考えて練習できることが、通所介護の強みです。


やってみようと思えるアプローチ

“できなくなったら”できるように練習することが最も効果的な訓練なのですが、「ヘルパーさんがやってくれるからいいですよ」とご本人から断られることもあると思います。

まずは、やってみようと思ってもらえるようなアプローチが必要です。

そこで、手伝ってもらうことのデメリットと自分でできることのメリットを比較し、どちらが自分らしい生活に近づくかを一緒に考えていきます。

現状を可視化して伝えることで、自分の生活を考えるきっかけに なり、自分でできたほうが生活しやすくなるというメリットを再認識してもらうことで、ADL・IADL訓練への参加につながりやすくなります。


【生活期リハビリテーションについて学ぶ】

■利用者増につながる新しいトレーニング

https://tsuusho.com/conference/schedule/#1204_4

■次期改定に向けたデイサービス構築

https://tsuusho.com/conference/schedule/#1205_3

■歩行要介助者への歩行訓練

https://tsuusho.com/conference/schedule/#1205_4

■シーティング

https://tsuusho.com/conference/schedule/#1207_1

■認知症の方への機能訓練

https://tsuusho.com/conference/schedule/#1208_1

■楽しい認知機能訓練

https://tsuusho.com/conference/schedule/#1211_1

■効果の高い集団プログラムと様々な症状の人を集団で行う工夫

https://tsuusho.com/conference/schedule/#rec_5

■それいいじゃん!すぐに実践できるADL・IADLトレーニングの工夫例

https://tsuusho.com/conference/schedule/#rec_6

学べる研修一覧

令デイの基準と指導・監査対応セミナー
令和3年度からの通所介護計画書・個別機能訓練計画書などの書類総合セミナー
令和3年度のデイ運営セミナー
新入浴介助加算の書類・プログラム総合セミナー
オンデマンド配信中
ページトップ ▲