私たちは、通所系サービスを中心に介護・看護に携わる方のワンランク上のスキルアップをお手伝いいたします

snsやYouTubeでも情報配信中
facebook
twitter
insta
youtube
メール会員登録

日本通所ケア研究会・福山認知症ケア研究会>ほぼ毎日更新!お役立ち情報

サービス提供記録への指導

2021.02.22

サービス提供記録は報酬算定上も重要な記録!

デイサービスの基準では、以下のように定められており、具体的なサービス提供の記録(以下、サービス提供記録)を残すことが求められています。


サービス提供の記録

第19条2

指定通所介護事業者は、指定通所介護を提供した際には、提供した具体的なサービスの内容等を記録するとともに、利用者からの申出があった場合には、文書の交付その他適切な方法により、その情報を利用者に対して提供しなければならない。


サービス提供記録に記載すべき基本的な事項として、


「指定通所介護の提供日(利用日)」

「提供した具体的なサービス内容」

「利用者の心身の状況」

「その他必要な事項」


などがあります。

これらを記録し、ご利用者からの申し出があった場合は、文書を渡すなどの方法で記録を提供しなければなりません。

実地指導では、サービス提供記録は必ず確認されるため、不備などの指摘を受けるケースも多くあります。

この記録は、ご利用者にどんなサービスを実施したか、ご利用者の様子はどうだったかなど、日々のサービスの利用状況を把握するために必要となるだけでなく、報酬算定上も重要なもので、適正なサービス提供時間区分で請求を行っているか、加算の要件を満たしているかなどの根拠にもなります。

この記録に不備があると、正しい時間区分で請求を行っていることなどが証明できません。

また、記録の書き方や表現などを見直してみることも大切です。

職員間だけで分かる表現や言葉で記録したり、不明確・不快感を与えるような表現、誤字脱字の多い記録や明らかに雑に書いた読みにくい文字などは、記録として不適切な場合もあります。

大きなトラブルを防ぐためにも、日々必要な内容を記録するとともに、誰が見ても分かりやすいように書く必要があります。


【情報提供】

■デイサービス&デイケアの管理者&リーダー

https://tool.daybook.jp/


【学ぶ】

■<オンラインリレー講演>2021年介護報酬改定・介護保険制度改正直前対応!地域包括ケア・包摂支援時代の通所系サービス生き残り戦略

https://tsuusho.com/daysurvival

■<完全オンライン開催>実践!認知症ケア研修会2021

https://tsuusho.com/dementia

■事業所運営の課題解決に直結する! すぐに始める「強い組織」をつくるための立て直しセミナー

https://tsuusho.com/management2021

■新年度直前対応!デイ運営と事業展開3日間セミナー

https://tsuusho.com/management3days

■介護職・看護師・リハ職のための認知症ケア集中セミナー

https://tsuusho.com/concentrate

■介護報酬・介護制度改定への対策とこれからの介護セミナー

https://tsuusho.com/junkai

学べる研修一覧

令デイの基準と指導・監査対応セミナー
令和3年度からの通所介護計画書・個別機能訓練計画書などの書類総合セミナー
令和3年度のデイ運営セミナー
新入浴介助加算の書類・プログラム総合セミナー
オンデマンド配信中
ページトップ ▲