私たちは、通所系サービスを中心に介護・看護に携わる方のワンランク上のスキルアップをお手伝いいたします

snsやYouTubeでも情報配信中
facebook
twitter
insta
youtube
メール会員登録

日本通所ケア研究会・福山認知症ケア研究会>ほぼ毎日更新!お役立ち情報

令和3年度通所介護における個別機能訓練加算に関する事務処理手順

2021.03.10

<必要部分を要約>

【求められていること】

通所介護及び地域密着型通所介護(以下「通所介護等」という。)の個別機能訓練加算を算定している利用者が、住み慣れた地域・居宅において可能な限り自立して暮らし続けることができるための「生活機能の維持・向上」を図るための個別機能訓練を実施


【通所介護等における個別機能訓練加算の目的】

個別機能訓練加算は、専従の機能訓練指導員(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護職員、柔道整復師等、あん摩マッサージ指圧師、はり師又はきゅう師(はり師及びきゅう師については、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護職員、柔道整復師又はあん摩マッサージ指圧師の資格を有する機能訓練指導員を配置した事業所で6月以上機能訓練指導に従事した経験を有する者に限る。以下「理学療法士等」という。)を配置し、機能訓練指導員、看護職員、介護職員、生活相談員その他の職種の者(以下「機能訓練指導員等」という。)が共同して、利用者ごとに心身の状態や居宅の環境をふまえた個別機能訓練計画を作成し、当該計画に基づき計画的に機能訓練を行うことで、利用者の生活機能の維持・向上を図り、住み慣れた地域で居宅において可能な限り自立して暮らし続けることを目指すため設けられたものである。

加算算定にあたっては、加算の趣旨をふまえた個別機能訓練計画作成及び個別機能訓練が実施されなければならない。


【個別機能訓練の実務等】

個別機能訓練加算の算定にあたっては、以下の⑴~⑶の実施が必要となる


(1)加算算定にあたっての目標設定・個別機能訓練計画の作成

<ア>利用者の社会参加状況やニーズ・日常生活や社会生活等における役割の把握、心身の状態の確認

機能訓練指導員等は、個別機能訓練の目標を設定するにあたり、以下の①~④により、利用者のニーズ・日常生活や社会生活等における役割の把握及び心身の状態の確認を行う。

① 利用者の日常生活や社会生活等について、現在行っていることや今後行いたいこと(ニーズ・日常生活や社会生活等における役割)を把握する。

→興味・関心チェックシートを活用すること。

→利用者のニーズ・日常生活や社会生活等における役割に対する家族の希望を把握する。

②利用者の居宅での生活状況(ADL、IADL等)を居宅訪問の上で確認する。

→生活機能チェックシート(様式例)を活用し以下を実施。

i)利用者の居宅の環境(居宅での生活において使用している福祉用具・補助具等を含む)を確認する。

ⅱ)ADL、IADL項目について、居宅の環境下での自立レベルや実施するにあたっての課題を把握する。

③必要に応じて医師又は歯科医師から、これまでの利用者に対する病名、治療経過、合併疾患、機能訓練実施上の留意事項についての情報を得る。

→直接医師又は歯科医師から情報が得られない場合は、介護支援専門員を通じて情報収集を図ること。

④介護支援専門員から、居宅サービス計画に記載された利用者本人や家族の意向、総合的な支援方針、解決すべき課題、長期目標、短期目標、サービス内容などについて情報を得ること。


<イ>多職種協働での個別機能訓練計画の作成

<ア>で把握した利用者のニーズ・日常生活や社会生活等における役割及び心身の状態に応じ、機能訓練指導員等が多職種協働で個別機能訓練計画を作成する。

その際、必要に応じ各事業所に配置する機能訓練指導員等以外の職種(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、歯科衛生士、管理栄養士等)からも助言を受けることが望ましい。

① 個別機能訓練計画書の作成(総論)

・個別機能訓練計画は別紙様式3を参考に作成すること。

・個別機能訓練計画に相当する内容を通所介護計画又は地域密着型通所介護計画の中に記載する場合は、その記載をもって個別機能訓練計画の作成に代えることができる。

・個別機能訓練計画の作成にあたっては、居宅サービス計画、通所介護計画又は地域密着型通所介護計画と連動し、これらの計画と整合性が保たれるように行うことが重要。

・通所介護計画書及び地域密着型通所介護計画書は別紙様式4を参考に作成すること。

② 個別機能訓練目標・個別機能訓練項目の設定

i)個別機能訓練目標の設定

・<ア>で把握した利用者のニーズ・日常生活や社会生活等における役割及び心身の状態に応じ、機能訓練指導員等が協働し、利用者又は家族の意向及び利用者を担当する介護支援専門員の意見も踏まえつつ、個別機能訓練目標を設定する。

・目標設定にあたっては、当該利用者の意欲の向上に繋がるよう、長期目標・短期目標のように段階的な目標設定をするなど、可能な限り具体的かつ分かりやすい目標とすること。


<長期目標の設定>

長期目標は生活機能の構成要素である以下a~cをバランスよく含めて設定することが求められる。

a:体の働きや精神の働きである「心身機能」

b:ADL・家事・職業能力や屋外歩行といった生活行為全般である「活動」

c:家庭や社会で役割を果たすことである「参加」

具体的には、利用者が住み慣れた地域で居宅において可能な限り自立して暮らし続けることができるよう、単に身体機能の向上(座る、立つ、歩く等)を目指すことのみを目標とするのではなく、居宅における生活行為(トイレに行く、自宅の風呂に一人で入る、料理を作る、掃除・洗濯をする等)や地域における社会的関係の維持に関する行為(商店街に買い物に行く、囲碁教室に行く、孫とメールの交換をする、インターネットで手続きをする等)、具体的な生活上の行為の達成を含めた目標とすること。


<短期目標の設定>

長期目標を設定した後は、目標を達成するために必要な行為ごとに細分化し、短期目標として整理する。

(例)長期目標が「スーパーマーケットに食材を買いに行く」の場合

【必要な行為例】

・買いたい物を書き記したリストを作る

・買い物量を想定し、マイバッグを用意する

・スーパーマーケットまでの道順を確認する

・スーパーマーケットまで歩いて行く

・スーパーマーケットの入り口で買い物かごを持つ

・スーパーマーケットの中でリストにある食材を見つける

・食材を買い物かごに入れる

・レジで支払いをする

・買った品物を袋に入れる

・買った品物を入れた袋を持って、自宅まで歩いて帰る


ⅱ)個別機能訓練項目の設定

・短期目標を達成するために必要な行為のうち、利用者の現状の心身機能等に照らし可能であること、困難であることを整理する。

・利用者の現状の心身機能等に照らし困難であることについて、どのような訓練を行えば可能となるのか検討する。


上記の事例において、歩行機能が低下していることから

(例)

「スーパーマーケットまで歩いて行く」

「スーパーマーケットの中でリストにある食材を見つける」

「買った品物を入れた袋を持って、自宅まで歩いて帰る」


ことが困難である場合、自宅からスーパーマーケットまでの距離等を勘案した上で


・歩行機能を向上させる訓練(筋力向上訓練、耐久性訓練、屋内外歩行訓練等)

・歩行を助ける福祉用具(つえ等)を使用する訓練

・歩行機能の向上が難しい場合、代替的な移動手段となりうる福祉用具(電動車いす等)を使用する訓練


を行うことが想定される。


・目標を達成するために必要な行為を遂行できるように、生活機能を向上させるための訓練項目を決定する。

・訓練項目の決定にあたっては、利用者の生活機能の向上に資するよう複数の種類の訓練項目を準備し、その項目の選択に当たっては、利用者の生活意欲の向上に繋がるよう利用者を援助すること。

・生活機能の向上のためには、通所介護等提供中に機能訓練を行うのみでなく、利用者が日々の生活においてもできる限り自主訓練を行うことが重要であることから、利用者が自身で又は家族等の援助を受けて、利用者の居宅等においても実施できるような訓練項目をあわせて検討し、提示することが望ましい。


<ウ>利用者又はその家族への説明と同意

利用者又はその家族に対し、機能訓練指導員等が個別機能訓練の内容について分かりやすく説明を行い、同意を得ること。

またその際、個別機能訓練計画を交付(電磁的記録の提供を含む)すること。


<エ>介護支援専門員への報告

介護支援専門員に対し、個別機能訓練計画を交付(電磁的記録の提供を含む)の上、利用者又はその家族への説明を行い、内容に同意を得た旨報告すること。


(2)個別機能訓練の実施

<ア>個別機能訓練の実施体制

・個別機能訓練加算に係る個別機能訓練は、類似の目標を持ち、同様の訓練項目を選択した5人程度以下の小集団(個別対応含む)に対して機能訓練指導員が直接行うこととする。

・機能訓練指導員が直接個別機能訓練を行っていれば、その補助者として看護職員、介護職員、生活相談員その他の職種の者が個別機能訓練に関与することは差し支えない。

・個別機能訓練の目標を具体的な生活上の行為の達成としている場合、実際の生活上の様々な行為を構成する実際的な行動やそれを模した行動を反復して行うことにより、段階的に目標の行動ができるようになることを目指すことから、事業所内であれば実践的訓練に必要な浴室設備、調理設備・備品等を備えること、事業所外であれば、利用者の居宅や近隣の施設等に赴くこと等により、事業所内外の実地的な環境下で訓練を行うことが望ましい。


<イ>訓練時間

個別機能訓練計画に定めた訓練項目の実施に必要な1回あたりの訓練時間を考慮し適切に設定すること。


<ウ>訓練実施回数

個別機能訓練の目的を達成するためには、生活機能の維持・向上を図る観点から、計画的・継続的に個別機能訓練を実施する必要があり、概ね週1回以上実施することを目安とする。


(3) 個別機能訓練実施後の対応

・個別機能訓練加算に係る個別機能訓練を開始した後は、個別機能訓練の目的に照らし、個別機能訓練項目や訓練実施時間が適切であったか、個別機能訓練の効果(例えば当該利用者のADL及びIADLの改善状況)が現れているか等について、評価を行う。

・3月ごとに1回以上、利用者の居宅を訪問し、利用者の居宅での生活状況(起居動作、ADL、IADL等の状況)を確認する。

・利用者又はその家族に対して個別機能訓練の実施状況や個別機能訓練の効果等について説明し、記録する。

・個別機能訓練の実施状況や個別機能訓練の効果等についての説明・記録は、利用者の居宅を訪問する日とは別の日にICT等を活用し行っても差し支えない。

・概ね3月ごとに1回以上、個別機能訓練の実施状況や個別機能訓練の効果等について、当該利用者を担当する介護支援専門員等にも適宜報告・相談し、利用者又はその家族の意向を確認の上、当該利用者に対する個別機能訓練の効果等をふまえた個別機能訓練の目標の見直しや訓練項目の変更を行う等、適切な対応を行うこととする。


個別機能訓練加算(Ⅱ)について

個別機能訓練加算(Ⅱ)は、個別機能訓練加算(Ⅰ)イ又は個別機能訓練加算(Ⅰ)ロの算定要件を満たした上で、個別機能訓練計画書の内容等の情報を科学的介護推進システム(以下、「LIFE」という。)に提出し、機能訓練の実施に当たって、当該情報その他機能訓練の適切かつ有効な実施のために必要な情報を活用していることを評価したものである。

LIFEへのデータ提出の方法及び当該情報の活用方法の詳細については別に示す通知を参照すること。


【情報提供】

■全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議 別冊資料(介護報酬改定)

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000076613_00001.html


【学ぶ】

■<オンラインリレー講演>2021年介護報酬改定・介護保険制度改正直前対応!地域包括ケア・包摂支援時代の通所系サービス生き残り戦略

https://tsuusho.com/daysurvival

■<完全オンライン開催>実践!認知症ケア研修会2021

https://tsuusho.com/dementia

■事業所運営の課題解決に直結する! すぐに始める「強い組織」をつくるための立て直しセミナー

■介護職・看護師・リハ職のための認知症ケア集中セミナー

https://tsuusho.com/concentrate

https://tsuusho.com/management2021

■新年度直前対応!デイ運営と事業展開3日間セミナー

https://tsuusho.com/management3days

■報酬改定対応!デイ加算算定のための評価・書類・記録・プログラムセミナー

https://tsuusho.com/valuation

■新たなデイの運営基準に沿った環境づくりから地域への参加セミナー

https://tsuusho.com/social_participation_activities

■新報酬対応!令和3年度からの通所介護計画書・個別機能訓練計画書などの書類総合セミナー

https://tsuusho.com/plan_comprehensive

■令和3年度のデイ運営セミナー

https://tsuusho.com/daymanagement2021

■新入浴介助加算の書類・プログラム総合セミナー

https://tsuusho.com/bathing_comprehensive

■令和3年特別!デイの基準と指導・監査対応セミナー

https://tsuusho.com/standard

■介護報酬・介護制度改定への対策とこれからの介護セミナー

https://tsuusho.com/junkai

学べる研修一覧

令デイの基準と指導・監査対応セミナー
令和3年度からの通所介護計画書・個別機能訓練計画書などの書類総合セミナー
令和3年度のデイ運営セミナー
新入浴介助加算の書類・プログラム総合セミナー
オンデマンド配信中
ページトップ ▲