私たちは、通所系サービスを中心に介護・看護に携わる方のワンランク上のスキルアップをお手伝いいたします

snsやYouTubeでも情報配信中
facebook
twitter
insta
youtube
メール会員登録

日本通所ケア研究会・福山認知症ケア研究会>ほぼ毎日更新!お役立ち情報

本人の残された記憶を引き出す

2020.12.25

記憶とひと口に言っても、下図のように分けて考えることができます。

まずは大きく「言葉の記憶」と「身体の記憶」に分かれます。

さらに言葉の記憶は「意味記憶(知識)」と「エピソード記憶(体験)」に分かれます。

認知症になって最初に分からなくなるのは「新しいエピソード記憶」だと言われています。

記憶障害は初期のころから「覚えられなくなる」のが特徴なので、新しいエピソード(体験)は覚えられないのです。

だから覚えなくてもいい工夫が必要になります。


「昔取った杵柄」

上記の言葉があるように、昔からやってきた動作は身体が覚えています。

これを「手続き記憶」と言います。

厳密には身体が覚えているのではなく、小脳で覚える記憶です。

認知症は大脳の疾患なので小脳で覚えた「手続き記憶」は覚えているのです。

本人の残された記憶を引き出すアルツハイマー型認知症の人へのケアはこの「手続き記憶」をいかに引き出せるかがポイントだと言われています。

実際にはできなくても、「ちょっとしたきっかけ」で、思い出したようにできるようになるのが手続き記憶の特徴です。

このように記憶の特徴を理解して、上手にきっかけをつくることが専門職のスキルなのです。

あなたの気付きとかかわり方で、認知症の人が持っている能力を引き出すことができ、生活の中にその人らしさが生まれるのです。


【情報提供元】

■認知症ケア最前線Vol.50(一部抜粋)

https://www.dayshop.biz/

■渡辺 哲弘 氏(株式会社きらめき介護塾 代表取締役)

http://www.kirameki3.com/


【認知症ケアについて学ぶ】

■介護職・看護師・リハ職のための認知症ケア集中セミナー

https://tsuusho.com/concentrate

学べる研修一覧

令デイの基準と指導・監査対応セミナー
令和3年度からの通所介護計画書・個別機能訓練計画書などの書類総合セミナー
令和3年度のデイ運営セミナー
新入浴介助加算の書類・プログラム総合セミナー
オンデマンド配信中
ページトップ ▲