私たちは、通所系サービスを中心に介護・看護に携わる方のワンランク上のスキルアップをお手伝いいたします

snsやYouTubeでも情報配信中
facebook
twitter
insta
youtube
メール会員登録

BPSDの発生機序

2022.02.18

BPSDは高次脳機能障害を基盤とするところへ何らかの要因がきっかけとなり発生する

BPSDは、記憶障害や注意障害などの高次脳機能障害を基盤とするところに、何らかの因子がきっかけとなって二次的に発生する症状です。

記憶障害や注意障害そのものから直接発生するのではなく、そのときの身体状況やコミュニケーション、環境、活動、心理状況などによって惹起・助長されるものです。

従って、介護職はBPSDに対応する際、どのような障害が基盤となり、どのような身体状況・コミュニケーション・環境・活動・心理状況が症状発生に関与したのかを推測することが必要です。

また、どのような状況がBPSDを発現させやすいのかを把握し、そのような状態をつくらないことも重要となります。


基本的な考え方

BPSD発生は、


(1)認知症の人にBPSDが発生するわけではない。

(2)同一人物でもきっかけがあれば発生し、きっかけがなければ発生しない。


が考えられます。


高次脳機能障害とは

■失見当識(見当識障害)

時間、場所、人物や周囲の状況を正しく認識することが障害された状態。


■記憶障害

「記憶する力が衰え、過去のことなどが想起できなくなる」「日時、人の名前、場所の名前が覚えられない」「さっきやった出来事を思い出せない」「身に付けた技術を使えない」など。


■注意障害

「注意が散漫になって、何らかの作業をしていても、すぐ他のことに注意がいく」「注意力が低下しているため見つけるのに時間がかかる」「同じことばかりして他に注意が移せない」「歩きながらしゃべるなど同時に2つのことができない」など。


■失語

口などの機能は良いのに思った言葉が出てこない、目や耳の機能はよいのに聞いた言葉が理解できない、字が読めない、書けないなど。


■失認

「感覚障害はないが、見たり、聞いたり、触ったりしてもそれが何か分からない」「日常使っているものを見ても何か分からず、使えない(視覚失認)」「色が区別できない(色彩失認)」「人の顔が区別できない」「空間情報を認識して操作できない(視空間失認)」などがある。


■失行

「運動障害はなく、手や足が動くのに、まとまった動作や行為ができない」「挨拶ができない」「箸などの道具が使えない」「図形がうまく描けないなどの不都合が生じ、日常生活にも差し障りがある」など。


【情報提供元】

デイの管理者&リーダー「だよりね」

https://tool.daybook.jp/

実践 認知症ケア1

https://dayshop.biz/item/detail/2129.html


【学ぶ】

■デイのプログラムを効果的にするための生活機能の評価とアプローチセミナー

https://tsuusho.com/livingfunction

■【令和3年度版】個別機能訓練・リハビリの実技と効果向上

https://tsuusho.com/limited_edition/

■デイで働く機能訓練指導員のためのリハビリ・機能訓練スキルアップオンライン講座

https://www.tsuusho.com/lp_functionaltraining

■新年度制度改定対応!令和3年特別!デイの基準と指導・監査対応

https://tsuusho.com/limited_edition/

■新報酬対応! 令和3年度からの通所介護計画書・個別機能訓練計画書などの書類総合セミナー

https://tsuusho.com/limited_edition/

■デイ加算算定のための評価・書類・記録・プログラム

https://tsuusho.com/limited_edition/

■新入浴介助加算の書類・プログラム総合

https://tsuusho.com/limited_edition/

おススメのサイト一覧

ケアカルテ
NDソフト
プラス
帳速

学べる研修一覧

大会
指導・監査
リハ職が実践すべきトレーニング・評価実技
デイ見学会
期間限定録画視聴
大会DVD
プラス
帳速
ページトップ ▲