私たちは、通所系サービスを中心に介護・看護に携わる方のワンランク上のスキルアップをお手伝いいたします

snsやYouTubeでも情報配信中
facebook
twitter
insta
youtube
メール会員登録

【報告】全国老施協大会・研究大会(会長:妹尾弘幸)

2023.02.07

2023年1月26・27日に栃木県宇都宮市で「第1回全国老人福祉施設大会・研究会議(平石朗会長)が開催されました。

リアル開催は3年ぶりで、大会と研究会を一本化した初の大会でした。


<介護新時代への前進~現場革新と科学的介護の新たな形~>

第1回大会・研究会は、上記テーマのもとで実施されました(大会・フォーラム委員長:菅原哲雄氏)。


デイの経営危機で対策急務

1日目午後からのディスカッション「魅力あるデイサービスと生き残り戦略」では、参加者が多く、デイの運営が課題となっている法人が多いことが分かりました。


■30人未満デイでの「利用控え」の影響大!1.67ヶ月分減少

協会調査で、「利用控えあり」のデイは、79.2%で平均1ヶ月分以上の利用減となっており、20人未満は1.49ヶ月、30人未満は1.67ヶ月、31-40人は1.00ヶ月、41人以上は1.02ヶ月分の減少で、特に30人以下の小規模デイが大きな影響を受けていることが分かりました。

デイは収益-1.2%の赤字で平成29年以降640件もの退会があり、その41.2%が縮小・廃止のためとなっていました。

そのため、「外部のコンサルティングを入れて経営改善を後押しする必要がある」(波潟幸敏デイサービスセンター部会長)とのことで、26ケ所のデイにモデル事業者として外部コンサルを導入されています。

今回は、その中の2ケ所のデイが活動報告を行っていました。

コンサルの鎌田氏は、「レポートの課題ができている事業所は、経営者が改善にコミットし現場に出ていること」と述べ、トップと現場管理者との意思疎通が重要と述べました。

波潟部会長は「成果が出るまでには3年かかると考えている」とし、今後も経営支援に力を入れていくと述べられました。


【情報提供元】

デイの管理者&リーダー「だよりね」

https://tool.daybook.jp/


【学ぶ】

■デイの基準と運営指導・監査対応セミナー

https://tsuusho.com/standard

■認知症ご利用者の生活行為向上のためのリハビリアプローチ

https://tsuusho.com/livingfunction

■リハ職・機能訓練指導員が実践するべきトレーニング・評価・実技セミナー

https://tsuusho.com/adl

■実践!認知症ケア研修会2023

https://tsuusho.com/dementia

■介護制度と報酬改定への対策&デイサービス見学会

https://www.tsuusho.com/ds_tour

■デイ運営特別セミナー

https://www.tsuusho.com/special

■【オンライン講座】PEAPに基づくご利用者を取り巻く施設環境づくり

https://tsuusho.com/lp_creating_an_environment

■第19回日本通所ケア研究大会セミナーDVD

https://tsuusho.com/conferencedvd

学べる研修一覧

見学会セミナー
ケアレク
セミナー動画配信
ケアマネオンラインセミナー
【オンライン】環境づくり
【オンライン】リハビリ90講座
大会DVD

おススメのサイト一覧

ケアカルテ
NDソフト
プラス
帳速
ページトップ ▲