私たちは、通所系サービスを中心に介護・看護に携わる方のワンランク上のスキルアップをお手伝いいたします

snsやYouTubeでも情報配信中
facebook
twitter
insta
youtube
メール会員登録

人員基準欠如に該当する場合の減算

2022.06.15

人員が欠如すると減算になる職種とは

デイサービスでは、基本として管理者、生活相談員、介護職員、看護職員、機能訓練指導員をサービス提供時間などに応じて配置することが定められています。

この介護職員と看護職員の配置について人員基準を満たしていない場合、「人員基準欠如に該当する場合の減算(以下、人員基準欠如減算)」の対象となり、利用者全員について請求の総額から30%減算されます。


■用語の解説

人員基準欠如減算の対象となる職種(対象となる場合:○/ならない場合:×)

・管理者⇒×

・生活相談員⇒×

・介護職員⇒○

・看護職員⇒○

・機能訓練指導員⇒×


減算の対象とならない場合も「人員基準違反」に該当する!

人員基準減算は、「適正なサービス提供を確保するための規定であり、人員基準欠如の未然防止を図るよう努めること」が前提とされており、減算しておけば人員基準を満たさない状態を続けてもよいというわけではありません。

著しい人員基準欠如の状態が続く場合、定員の見直しや事業の休止などの指導が行われ、それに従わない場合、特別な事情がある場合を除いて指定取消などの処分の対象となります。

また、介護職員と看護職員以外の職種は減算の対象になりませんが、適切に配置されていない場合、人員基準違反として処分・罰則を受けることになります。


人員基準欠如の算定式

介護職員と看護職員の人員基準欠如の算定方法は下記のようになります。

それぞれの算定式で導き出された値が「1割の範囲内なのか」「1割を超えているのか」によって減算の開始月などが異なります。

1割の範囲内の場合、その月の翌々月から人員基準欠如が解消される月まで減算されます。

その場合、翌月末までに人員基準欠如の状態を解消することができれば減算する必要はありません。

1割を超える場合は、その月の翌月から人員基準欠如が解消される月まで減算されることになります。


【情報提供元】

管理者&リーダーVol.49

https://amzn.to/3mNEZcy

デイの管理者&リーダー「だよりね」

https://tool.daybook.jp/


【学ぶ】

■デイの基準と指導・監査対応セミナー

https://www.tsuusho.com/standardr

■【管理者・リーダー向け課題解決型セミナー】 スタッフのモチベーションをUPさせるタイプ別攻略法

https://tsuusho.com/motivationup

■【現場スタッフ向け思考・創造力強化セミナー】じりつ支援プログラムのつくり方と効果を出す現場実践での展開

https://tsuusho.com/create_program

■【現場スタッフ向けセミナー】現場スタッフだからこそ出来る!!ケアの改善とサービスの向上5つの推進ポイントと具体的手順

https://tsuusho.com/care_quality

■デイのプログラムを効果的にするための生活機能の評価とアプローチセミナー

https://tsuusho.com/livingfunction

■第20回日本通所ケア研究大会(合同開催)第17回認知症ケア研修会in福山

https://tsuusho.com/conference/

■第19回日本通所ケア研究大会セミナーDVD

https://tsuusho.com/conferencedvd

おススメのサイト一覧

機能訓練90講座

学べる研修一覧

指導監査
モチベーションアップ
爪ケア
自立支援のプログラム
ケアの改善とサービスの向上
高稼働率デイ
ADL
生活機能
機能訓練実技
書類と書き方
大会
大会DVD
ページトップ ▲