私たちは、通所系サービスを中心に介護・看護に携わる方のワンランク上のスキルアップをお手伝いいたします

snsやYouTubeでも情報配信中
facebook
twitter
insta
youtube
メール会員登録

生体内リズムの障害

2022.04.28

生体内リズムが障害されると、睡眠障害や体調不良を来すことがあり、認知症の症状悪化の原因にもなります。

一般的に、人の1日のリズム(サーカディアンリズム)は24.5時間程度で、実際の1日の長さ約24時間と差があるため、適正な刺激が無いとリズムのずれが発生します。

正常な生活の中では、毎日生体内リズムのずれをリセットし、1日の時間との同調が図られていますが、何らかの原因でリセットがうまくいかないとサーカディアンリズムの変調を来します。

サーカディアンリズムのリセットは、以下のようなことを行うのが良いとされています。


体内時計のリセットのための活動例

・朝、朝日を浴びて起きる

・朝、起床後1時間以内に糖質(炭水化物)とタンパク質が多い朝食を一定以上食べる

・朝食は7〜8時ごろ食べる

・朝は、起床後3時間以内に30分程度、日光を浴びる

・夜9時以降の食事は避ける(特に脂質の摂取は避ける)

・1日3食食べる(1日何食も食べる、1日中食べ続けるのは不可)

・夕食~朝食の時間は10時間程度開ける

・日中の決まった時間に活動・人との交流をする

・昼間の活動量を増やす

・昼食後(1〜2時ごろ)に30〜40分程度の午睡をとる
※1時間以上の午睡は逆効果

・寝る4〜5時間前の夕方5時ごろに軽い運動をする

・夜の電灯は明るすぎないようにし、青色灯は避ける

・一定の時刻に同じことをする(例:毎朝7時にラジオ体操をする など)


【情報提供元】

実践 認知症ケア2

https://dayshop.biz/item/detail/2152.html


【学ぶ】

■介護制度と報酬改定への対策&デイサービス見学会

https://www.tsuusho.com/ds_tour

■デイの基準と指導・監査対応セミナー

https://www.tsuusho.com/standardr

おススメのサイト一覧

ケアカルテ
NDソフト
プラス
帳速

学べる研修一覧

大会
指導・監査
リハ職が実践すべきトレーニング・評価実技
デイ見学会
期間限定録画視聴
大会DVD
プラス
帳速
ページトップ ▲