私たちは、通所系サービスを中心に介護・看護に携わる方のワンランク上のスキルアップをお手伝いいたします

snsやYouTubeでも情報配信中
facebook
twitter
insta
youtube
メール会員登録

生活習慣の改善で50-80歳代でも寿命が延びる

2022.06.11

飲酒や喫煙、運動部不足などの生活習慣の改善で、50~80歳代でも、寿命の延伸効果があることが、大阪大学や北海道大学の研究で分かりました。

また、複数の生活習慣病を抱えている人ほど改善効果が高く、80歳でも効果が確認されています。


効果が高かったのは「喫煙」「飲酒」で40歳の時点で非喫煙男性は喫煙者に比べ4年、飲酒量1日2合以下の女性は飲酒女性に比べ約5年寿命が長いことが分かりました。

また3つ以上の生活習慣病ある人が、50歳、65歳、80歳の各時点で下記8項目の健康的な生活習慣を6項目以上実践していると、2項目以下の実践の人に比べ、50歳で8.7年、65歳で7.2年、80歳で3.8年寿命が長いことが結果として出ています。

さらに、50代から健康的な生活習慣を7項目以上実践維持した場合の平均寿命は、男性で87.7歳、女性で92.5歳となっており、現在の平均寿命より、男性で6年、女性で5年長くなっています。


日本通所ケア研究会 会長:妹尾弘幸の雑感

この情報は、デイのご利用者への「情報提供」や地域向けに行う健康講座としても利用できる研究成果だと思います。

このような情報を自デイのマーケティングの要素に取り込みながら、広報の情報として有益に活用してみてはいかがでしょうか。


詳しくは下記のサイトをご覧ください。


【日本生活習慣病予防協会】

https://seikatsusyukanbyo.com/calendar/2022/010637.php


【情報提供元】

デイの管理者&リーダー「だよりね」

https://tool.daybook.jp/


【学ぶ】

■デイの基準と指導・監査対応セミナー

https://www.tsuusho.com/standardr

■【管理者・リーダー向け課題解決型セミナー】 スタッフのモチベーションをUPさせるタイプ別攻略法

https://tsuusho.com/motivationup

■【現場スタッフ向け思考・創造力強化セミナー】じりつ支援プログラムのつくり方と効果を出す現場実践での展開

https://tsuusho.com/create_program

■【現場スタッフ向けセミナー】現場スタッフだからこそ出来る!!ケアの改善とサービスの向上5つの推進ポイントと具体的手順

https://tsuusho.com/care_quality

■デイのプログラムを効果的にするための生活機能の評価とアプローチセミナー

https://tsuusho.com/livingfunction

■第20回日本通所ケア研究大会(合同開催)第17回認知症ケア研修会in福山

https://tsuusho.com/conference/

■第19回日本通所ケア研究大会セミナーDVD

https://tsuusho.com/conferencedvd

おススメのサイト一覧

ケアカルテ
NDソフト
プラス
帳速

学べる研修一覧

大会
指導・監査
リハ職が実践すべきトレーニング・評価実技
デイ見学会
期間限定録画視聴
大会DVD
プラス
帳速
ページトップ ▲