私たちは、通所系サービスを中心に介護・看護に携わる方のワンランク上のスキルアップをお手伝いいたします

snsやYouTubeでも情報配信中
facebook
twitter
insta
youtube
メール会員登録

日本通所ケア研究会・福山認知症ケア研究会>ほぼ毎日更新!お役立ち情報

「人」は頭の中でどのように考え、行動しているのか

2020.11.20

私たちは普段、頭の中でどのように考え、行動しているのでしょうか。

上図は側面から見た大脳を表したもので、各部分の名称とその役割を大まかに示しています。


「記憶は大事」


実際の生活場面における脳の機能を見てみましょう。

喉が渇いて「何か飲みたいな」と思ったあなたの目の前に、ペットボトル入りのお茶がありました。

このとき、あなたは後頭葉でこれを見ます。

次に頭頂葉で認識しようとします。

そして、目の前の物を認識しようと考えたあなたは、側頭葉に尋ねます。

そして「見たことがある」「知っている」(記憶の中にある)からこそ、たとえ「お茶」という文字が見えなくても、それがお茶であることが分かる(認識できる)のです。

しかし、喉が渇いたあなたは「これはお茶だ」と分かるだけでなく、次は飲む方法を考えなければなりません。

そこで、前頭葉で「飲む計画を立てよう」とします。

飲む計画を立てようとしたあなたは、もう一度側頭葉に尋ねます。

そして「ふたを開けたことがある」(記憶の中にある)からこそ、正しくふたを開けることができる(計画が立つ)のです。

そこで初めて、「お茶を飲む」という行動を起こすことができるのです。

ペットボトルのパッケージのどこを探しても、「飲むときはふたを開けてください」という言葉は書いてありません。

それでも、皆さんは当たり前のようにふたを回して開けているのです。

普段私たちが何気なく行動していることも、「これって何だろう?」→記憶に尋ねよう!、「これってどうやったらできるのだろう?」→記憶に尋ねよう! といったように、自分の記憶を頼りに生活しているのです。

要するに「記憶は大事」ということです。


【情報提供元】

■認知症ケア最前線Vol.39(一部抜粋)

https://www.dayshop.biz/

■渡辺 哲弘 氏(株式会社きらめき介護塾 代表取締役)

http://www.kirameki3.com/


【認知症ケアについて学ぶ】

■介護職・看護師・リハ職のための認知症ケア集中セミナー

https://tsuusho.com/concentrate

■認知症の人の行動と環境から考える!その人らしさを引き出すための具体的支援方法

https://tsuusho.com/conference/schedule/#1204_2

■認知症の方への自立支援の環境づくりから考える!施設を利用する方々が地域で活躍する仕組みとは!

https://tsuusho.com/conference/schedule/#1205_5

■認知症の方の生活改善につながるじりつ支援のアプローチ

https://tsuusho.com/conference/schedule/#1206_4

■認知症の方へのじりつ支援の介助技術

https://tsuusho.com/conference/schedule/#1206_5

■【オンライン】川畑智氏のそうだったのか!なるほど納得!認知症リハ・ケアセミナー

https://www.tsuusho.com/online_dementiareha

ページトップ ▲