私たちは、通所系サービスを中心に介護・看護に携わる方のワンランク上のスキルアップをお手伝いいたします

snsやYouTubeでも情報配信中
facebook
twitter
insta
youtube
メール会員登録

回想法とは

2022.02.10

回想法は、アメリカの精神科医ロバート・バトラー(R.Butler)によって、1960年代初めに提唱された心理療法です。

バトラーは、“老いの繰言”として疎まれていた高齢者が思い出について語る行為も、死が近づいてくることにより自然に起こる心理的過程であり、また、過去の未解決の課題を再度とらえ直すことに導く積極的な役割があると提唱し、意味あるものだと考えました。

回想法には、レミニセンス(reminiscence)と呼ばれる、いわゆる昔話などの一般的回想法と、ライフレビュー(life review)と呼ばれる治療的な目的で行われる自分の人生の評価・洞察を行う心理療法の一部をなすものの2種類があります。

また、対象者の数による個別回想法とグループ回想法という分類もあります。


現場での回想法の実施方法は、実際の物品、写真・ビデオを使用したり、話をしたり、歌を活用したりと実にさまざまです。

回想法でよく使用されるテーマには、


(1)食べ物

(2)遊び

(3)行事

(4)○○の思い出

(5)楽しかったこと

(6)学校、仕事、家事


などがあります。

回想法中に、音楽や匂い、音、食べものなどで五感を刺激する方法もよく取られています。

記憶やコミュニケーション機能を使用するため、認知症の方への適応は症状が進行するに従って難しくなります。


【情報提供元】

実践 認知症ケア1

https://dayshop.biz/item/detail/2129.html


【学ぶ】

■デイのプログラムを効果的にするための生活機能の評価とアプローチセミナー

https://tsuusho.com/livingfunction

■【令和3年度版】個別機能訓練・リハビリの実技と効果向上

https://tsuusho.com/limited_edition/

■デイで働く機能訓練指導員のためのリハビリ・機能訓練スキルアップオンライン講座

https://www.tsuusho.com/lp_functionaltraining

■新年度制度改定対応!令和3年特別!デイの基準と指導・監査対応

https://tsuusho.com/limited_edition/

■新報酬対応! 令和3年度からの通所介護計画書・個別機能訓練計画書などの書類総合セミナー

https://tsuusho.com/limited_edition/

■デイ加算算定のための評価・書類・記録・プログラム

https://tsuusho.com/limited_edition/

■新入浴介助加算の書類・プログラム総合

https://tsuusho.com/limited_edition/

おススメのサイト一覧

ケアカルテ
NDソフト
プラス
帳速

学べる研修一覧

大会
指導・監査
リハ職が実践すべきトレーニング・評価実技
デイ見学会
期間限定録画視聴
大会DVD
プラス
帳速
ページトップ ▲