私たちは、通所系サービスを中心に介護・看護に携わる方のワンランク上のスキルアップをお手伝いいたします

snsやYouTubeでも情報配信中
facebook
twitter
insta
youtube
メール会員登録

日本通所ケア研究会・福山認知症ケア研究会>ほぼ毎日更新!お役立ち情報 | 日本通所ケア研究会・福山認知症ケア研究会

すぐに実施できるデイの環境改善【「動線」と「視線」からフロアの環境改善を考える】

2021.01.06

環境というと多くの方がハードをイメージされると思います。

しかし、そのハードを考えるのは当然ですがソフト、いわゆる人です。

よって、環境を考えるということはソフトがすべてであり、「考える力」と「相手を思う気持ち」、この2つを形にする創造力と実践力が求められます。

これが、利用者と職員の双方が求める環境を生み出すことにつながります。


動線【フロアの机とイスの配置を見直す】

ハードは、「動線」と「視線」の両視点から考える必要があります。

まずは「動線」から考えます。

多くの事業所では、前後左右、どこからでも移動ができるように、机やイスを配置しています。

いわゆるオールマイティー型です。

ただ、このオールマイティー型には重大な欠点があります。

それは、各通路の幅が狭くなっている場合が多いということです。

移動する際に動きづらく、その狭さに四苦八苦しています。

動きにくいことからお互いがイライラしたり、イスや机にぶつかったり、時には足を引っ掛けて転倒したりするケースもあります。

事業所に十分なスペースがある場合は良いのですが、小規模型や定員が30人くらいまでの通常規模型では、十分なスペースが無いことが多く、利用者がひしめき合うように座っておられるケースもあります。

よって、オールマイティー型ではなく、lean型(無駄のない形)で考えるのが改善のポイントです。

フロアを見ると、真ん中に机が置かれている場合が多く見られます。

机を囲むようにイスを配置、例えば4人掛けの机を6人で使っているということです。

この机の使い方は一見便利そうに見えますが、よく考えると無駄があります。

上図を見てください。

4人掛け机を6人で使っています。

しかし、机を2つ並べて、8人掛けにできるとしたら、どうでしょうか。

4人掛け机1つに席が6席、4人掛け机2つに席が8席となり、ほぼ同じ床面積を使用しているにもかかわらず、2席の差が発生していることが分かると思います。

そして1人当たりの机の上の面積も明らかに違います。

8席であれば全員が楽に使えます。

このことからも、どうしても必要な場合を除いては、机本来の人数で使うことをオススメします。

この考え方に基づいてフロアを見直すと、席の数が増えて通路の幅も広がるのに狭く感じない、むしろ改善前より広く感じるケースもあるということが分かると思います。

一度、自事業所の机とイスの使い方を見て、考えていただくと良いでしょう。

事業所内が違って見えますよ。


【情報提供元】

■デイの経営と運営Vol.18(一部抜粋)

https://www.dayshop.biz/

■山下 総司 氏(株式会社IDO 介護部門ディレクター)

http://www.kaigogoyoukiki.net/niigata/blog/008/


【学ぶ】

■介護職・看護師・リハ職のための認知症ケア集中セミナー

https://tsuusho.com/concentrate

■【WEB同時配信】介護施設・事業所における新人職員と中途採用職員を即戦力にするためのセミナー

https://www.tsuusho.com/establishment/

■介護報酬・介護制度改定への対策とこれからの介護セミナー

https://tsuusho.com/junkai

■事業所運営の課題解決に直結する! すぐに始める「強い組織」をつくるための立て直しセミナー

https://tsuusho.com/management2021

■新年度直前対応!デイ運営と事業展開3日間セミナー

https://tsuusho.com/management3days

■報酬改定対応!デイ加算算定のための評価・書類・記録・プログラムセミナー

https://tsuusho.com/valuation

最近の記事

ページトップ ▲